金万一

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2018年12月2日 (日) 17:05時点における2001:268:c03a:499a:3d06:19c6:ec0e:a7d8 (トーク)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
この方は亡くなられました
ご冥福を祈ると上九一色村送りになります

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もある等、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金万一」の項目を執筆しています。
「お、お前がぼくより頭がいいのが悪いんだからなっ!」
金万一 について、金正日

金 万一(キム・マンイル、1944年 - 1947年)は、北朝鮮の国家主席にして、天才であられ、鋼鉄のような意志を持ち、常勝の戦略家であり、民族の太陽であられ、全朝鮮民族の領導者であられ(途中長くなるので省略)、偉大なる全労働者階級の指導者であられる金日成の次男である。正統なる指導者(以下略)の金正日の弟君にあたる。ロシア名もついておりシューリ・イルセノビッチ・キムとも名乗られた。

人生[編集]

1944年(主体33年)に天才であられ(以下略)の金日成と最初の夫人である金正淑の間に次男としてご出生された。生まれてすぐに、七歩を歩んで「我、革命の柱とならん!」と叫ばれた。その他にも、空を眺められては「成層圏は今日も澄んでいる」と言われたり、3歳にして中学校で習う数学方程式を解かれたり、マルクス資本論を原書で読まれたり、等と早熟なる才能を開花させられた。これには偉大なる(以下略)の金日成も大いに喜ばれ、「自分の後継者はユーリ金正日のロシア名)にするか、シューリにするか、迷うなあ?どうしたらいいと思う?」と悩まれるほどであった。 これに嫉妬したのが正統なる後継者を自負していた兄上であった。「あいつさえいなくなれば、このぼくが父上の後を継げるんだ…」そう思われた兄上は1947年(主体36年)の夏のある日、平壌の官邸にある池にシューリを水遊びに誘われた。そこでバキューン!!となり、手当ての甲斐なくシューリは亡くなられたのであった。

この”事故”天才であられ(以下略)の金日成の御心に大いなる衝撃を与え、その傷を癒すために1950年、韓国に攻め入ったと言われるほどであった。

関連項目[編集]


Kim jong hair.png 偉大なる将軍様はこの記事金万一の存在を否定することを表明しました。・・・・・って、事実なんだけど内容が不十分なんだろ。誰か加筆しろよ・・・・・おっと、秘密警察のスパイがやって来る。 (Portal:スタブ)