しかと

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2010年10月27日 (水) 13:06時点におけるくまいち (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成: {{ウィキペディア}} '''しかと'''(鹿十)とは、もののあわれである。 == 概要 == [[Image:花札十月.jpg|thumb|ひたすら見入って...)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「しかと」の項目を執筆しています。

しかと(鹿十)とは、もののあわれである。

概要[編集]

ひたすら見入ってしまう。

花札の十月は「鹿に楓」の意匠である。みごとに紅葉している楓に見入ってしまい、の話を全然聞いている様子もない。このことから、移ろいゆく季節に心奪われてしまい、他人の話も耳に入らない状態を「鹿の十月(しか-とおつき)」、略して「しかと」と呼びならわすようになった。

用例[編集]

常日頃は何も考えていなさそうな人が、ふと移ろいゆく季節に感じてしまった「もののあわれ」を前にして、じっと物思いに耽ってしまった状態、あるいはそのように見える状態を「しかと(する、している)」と表現する。また、コイツ絶対に情緒もへったくれも感じなさそうなヤツが見せる素振りについては「しかとぶりやがって」などと用いることもある。

結果[編集]

あまり「季節の情緒とか和の心、つぶさに感じられる俺(私)カッコイイ」とか気取っていると、みんなから「アイツいけすかない」と相手にされなくなってしまう。そうした経緯から、現代においてはほとんど「無視」と同様の意味をもって用いられている。

関連項目[編集]