AKB48創設者秋元康からのメッセージをお読みください

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2011年5月11日 (水) 09:56時点における通快成東 (トーク | 投稿記録)による版 (1ページ目はまずはエケペディアをネタに。ちなみに本人は絶対こんなこと書かないでしょう。)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

エケペディア創設者
秋元康からの
メッセージをお読み下さい。

すべての人に愛の贈り物を

AKB48 wiki(エケペディア)は2012年には世界の“もっとも頻繁に更新されすぎてサーバーの逼迫が危惧されているウェブサイト”・トップ 100 に入ろうとしています。これは私たちが成功しつつあることを大きく証拠づけています。

けれども、この成功には新たな一連の挑戦と責任が伴ってきます。AKB48を筆頭とするすべてのプロジェクトにおいて私たちが描く将来像での、いまやもっとも重要な2つの目標は夢を提供することであり、また短期のうちにより隣人を虜にし、多くの金を注ぎ込んでもらうようにする力であります。

思えば2005年、かつて私がAKB48のことを話しだすと皆がへんな顔をしました。 AKB48のプロジェクトの考えに対して、とりわけ、ビジネスの世界には懐疑的な人もいるようでした。メンバーの中にもそのような人がおり、例えばこじはるはバイトを口実にレッスンをキャンセルしようとした程でした。

広告もない。利益もない。認知度もない。しかし、そんなスタートから、秋葉原に集える少女達の努力で、結成から5年が経った今、毎月3億8千万人がAKB48を何かしらの情報媒体で見ています。これは、世界の人口のほぼ3分の1です。 AKB48はおそらく世界で1番目に人気のある女性アイドルグループです。 かつて凄まじい人気を誇った昔のアイドルグループは、ファンによる数百万円の投資と膨大な数の裏方、守銭奴達による執拗なマーケティングの上に作られ、人気と質が共に維持されてきました。しかし、AKB48はそれらと異なります。それは、ファンの皆様が一度に少しずつ応援して下さった結果にできた、コミュニティの産物であるという事実がそこに加わります。そしてこのページにアクセスした時点であなたもファンの一人です。

そして私は皆さまに、このAKB Wiki エケペディアを守り維持してくださるようお願いしたいと思い、この手紙を書いています。 私たちは力を合わせて、エケペディアを利用料も広告もないままに保つことができます。感動をあらゆる場所に届け、あらゆる人々の参加を招き入れることができます。毎日、私たちは皆さまに、そしてプロジェクトに関わるすべての人々に向けて、可能なだけ、握手会などのイベント参加費用としてご寄付をお願いし、この共同事業を維持する助けをいただいてきました。

多くの目標を達成するために、私たちには沢山なすべきことがあります。ですので私はご支援をお願いします。新たな時代を迎え、我々はより一層の劇的な出費の増大が予想されます。ファンの皆様の要求に応えるため、メンバーにほっともっとの弁当の注文を取るため、より多くの転売厨を摘発するため、けいおん!が実写版になった際にまゆゆをあずにゃん役に売り込む為に、美女をより多くスカウトするために、恋愛禁止条例を破ったメンバーをより高速に摘発、処分する手段を開発するために。これらすべては私たちの目標である、求める者すべてに夢を与えるためになされる前進なのです。

私たちのプロジェクトの関係者もファンもこれまで非常に寛大な支援をしてくださり、過去5年間、寄付によって私たちのプロジェクトはまかなわれてきました。最近なされた会計監査は、私たちが受けた多くの寄付に、どれほど私たちと少女たちが責任とプレッシャーを負っているのかを示しています。

もし皆さまがAKB48劇場を夢を得る場所、感動を得る場所として評価してくださるのであれば、ぜひ、今すぐ行動していただきますようお願いいたします。 私たちはこのプロジェクトを継続しまた発展させていくためにより多くの資金を必要としています。その為、我々に対してご芳志を賜りたくご検討お願いいたします。AKB48と他のすべての私たちのプロジェクトに対して投資してください。ファンや利用者が拡大し続けても、私たちの夢の源泉が常にアクセス可能であり、意義のあるものでありつづけることを、あなたはこの寄付によってご支援できるのです。

秋元康 エケペディア創設者兼 AKB48 総合プロデューサー


追伸

AKB48とは、私たちのような人々が一人の女の子をアイドルにするプロジェクトです。そしてあっちゃんゆうこのような女性達が、一度に少しずつ、何処かの誰かを虜にします。さらにオタクのような人々が、一度に多額の、資金を出します。 これは、私たちの隠れた力を集めれば、世界を変えることができるという事実です。

次へ