UnNews:東京電力、四月末まで地球月間の開催を決定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2017年9月3日 (日) 12:46時点におけるえふ氏 (トーク | 投稿記録)による版 (+date)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年3月15日配信】

東京電力はエネルギーの大切さを知ってもらおうと、4月末まで首都圏を中心に地球月間(アース・マンス)の開催を決定した。3月14日から開催されており、影響は広範囲に及んでいる。

具体的には、東京電力利用者に節電を呼びかけ、また5つのエリアに分け「計画停電」を実施している。それぞれのエリアは3時間ほど停電になる。この試みは世界的に見ても非常に稀で、かつ大掛かりだと関係筋は語っている。

多くの他業種の民間企業も協賛している。多くの小売店や百貨店では消灯のため閉店が相次いだ。また、鉄道各社も路線を運休したり、休日ダイヤで運行したりなどの対策を行った。多くの電力を使う製造業も工場の操業を停止が相次いだ。計画停電の影響で一部のATMも稼働を停止した。しかし、「計画停電」は計画通り起こらず、また急きょ行われたこともあり、混乱が相次いだ。駅には日本人の勤勉さを証明するように通勤客でごった返した。

政府もこの地球月間を応援しており、枝野官房長官も節電を呼びかけている。

なお、3月15日は3月14日の反省を踏まえ、さらに計画的に計画停電を行った。

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ