¿Por qué no te callas?

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

¿Por qué no te callas? (ポルケ ノ テ カーヤス?)とはスペイン王家の王族のみが使うことのできる一子相伝の必殺技である。

黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!!

概要[編集]

スペイン王家は中世の動乱の時代を乗り越える為、他国の権力者を威圧する奥義を身に着けることで敵対勢力をのけ反らせる必要があった。その奥義は王家の間で伝わっており現代でも外交の要所要所で使われる秘伝の技である。

歴史[編集]

1492年以降植民地を広めてきたスペイン帝国だったが侵略された地域の先住民はしばしば衝突していた。[テストに出るよ!]しかしながら当時の帝国は反逆者を次々に火あぶりの刑を処したことで反逆者は居なくなった スペイン帝国の当時の残虐さは火山の噴火になぞらえられていてスペイン語で「熱い」を表すCalidumと英語で「噴火」を表すVolcanoを用いて「灼熱の噴火」を表すCalidum  Volcano と呼ばれていた。[1] やがて民衆はこの言葉を聞くだけで怯える様になり「Calidum  Volcano」が時代を経て変化し「¿Por qué no te callas?」に変化したと言うのが専門家の意見となっている。

現代[編集]

2007年11月10日に南米・チリのサンティアゴ・デ・チレで開催されたイベロアメリカ首脳会議でネズエラのチャベス大統領がスペインのホセ・マリア・アスナール前首相に対して「アスナールはDQNだ。」「アスナールは蛇に満たないほどの馬鹿だ。」と発言したことを受けてフアン・カルロス1世国王がこの呪文を使用した。本来門外不出の必殺技として使われるべきで一対一での交渉以外で使われない言葉であったがために民衆は恐怖と絶望の渦に巻かれた。

チャベスとは違うんです
¿Por qué no te callas? について、福田康夫
「チャベスは腹を切って死ぬべきである。また、チャベスはただ死んで終わるものではない。唯一神又吉イヱスがチャベスを地獄の火の中に投げ込むものである。」
¿Por qué no te callas? について、又吉イヱス
スペイン帝国は滅びぬ!何度でも蘇るさ!」
¿Por qué no te callas? について、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ

脚注[編集]

  1. ^ 英語とスペイン語が混じっている理由は当時の植民地に中二病が蔓延していたためと考えられる。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「¿Por qué no te callas?」の項目を執筆しています。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第23回執筆コンテストに出品されました。