あの素晴しい愛をもう一度

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

あの素晴しい愛をもう一度(あのすばらしいあいをもういちど)とは、日本のフォークソングである。1971年に元ザ・フォーク・クルセイダーズ北山修加藤和彦が発表した楽曲である。作詞は北山修、作曲は加藤和彦が担当し、親しみやすいメロディと美しい歌詞で広く知られている。同年のオリコン年間ランキングで46位を記録した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あの素晴しい愛をもう一度」の項目を執筆しています。

歌詞[編集]

この歌の歌詞について解説する。

一番[編集]

命かけてと 誓った日から
すてきな想い出 残してきたのに
あの時 同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴しい愛をもう一度
あの素晴しい愛をもう一度

解説[編集]

命をかけてと誓った日というのは文字通り夫婦の契りである。すてきな想い出を残してきたのに同じを見て二人とも美しいと思わなくなってしまったのは心が離れてしまった証であり、これは謂わば破局を示している。今はもう通わない心というのは恐らく離婚調停による裁判で争っている最中の二人の心境であると思われる。そして二度繰り返される「あの素晴しい愛をもう一度」というのは夫婦のどちらかが復縁を迫っているものと思われるが、もう一度と願われているだけで時点で復縁は成立せず、裁判は続く見込みであると思われる。


二番[編集]

赤トンボの唄を 歌った空は
なんにも変わって いないけれど
あの時 ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴しい愛をもう一度
あの素晴しい愛をもう一度

解説[編集]

『赤トンボの唄を歌った空』は続く歌詞のとおり夕焼けの情景である。何も変わっていないけれど、というのは「裁判は停滞し、まだ決着が付かずに泥沼化しています」という事を意味しており『ずっと夕焼けを追いかけて行った二人』にある夕焼けとは恐らく諺の「夕焼けの翌日は晴れ」を目指すものであると思われ、翌日の晴れとは「晴れて勝訴できるように」という願いであると思われる。残念ながらまだ裁判が続いているため互いの心が通うはずもないのだが、どうやらどちらかはまだ「あの素晴しい愛をもう一度」と復縁を迫っている様子である。


三番[編集]

広い荒野に ぽつんといるよで
涙が知らずに あふれてくるのさ
あの時 風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴しい愛をもう一度
あの素晴しい愛をもう一度

解説[編集]

「広い荒野にぽつんといるよで」というのは孤独を意味しており、が知らずにあふれてくるのは敗訴したものと思われる。『あの時風が流れても』とは時流による追い風を意味し、裁判の流れを表している。一度はワイドショーにも取り上げられ、マスコミに踊らされた二人であるが、一度は「私の決意は変わりません」と継続の意思を見せた裁判も互いに資金難もあり、決着を見ないまま終焉を見たものと思われる。なお、やはりあの素晴しい愛というものは復縁に成功していないため「もう一度」という願いも叶わなかったようである。

関連項目[編集]