いい国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「いい国」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

いい国(-くに)とは鎌倉時代の日本のことである。ただ1192年にできたということからくる語呂合わせなのにもかかわらずいい国扱いされているが。実際はそれほどいいわけでもない。

概要[編集]

今では大仏由比ヶ浜だけの鎌倉市ではあるが、1180年代から1330年代まではここに幕府が置かれていた、いわゆる鎌倉幕府の地であった。現在では間違いだったとされているが、多くの大人が子供のころは語呂合わせで「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」などと覚えさせられてきた。当時の子供は噂の程度がどんどん大きくなっていくのと同じように「当時の日本はいい国だった」などと錯覚するようになる、これがいい国の真相であり、「これは日教組の洗脳だ!」などと主張する者もいる。

なお、この風潮を巡っては教科書も修正されたため、どんどん減っていき、2100年ごろには誰も知らなくなっている可能性が高い。

本当にいい国だったのか[編集]

そうすると今度は「本当にいい国だったのか」という疑問が湧いてくる。最も、日本は戦国時代などいろいろあるが基本的には幕末を除く江戸時代まで大概アブナイ国であった。とはいえ鎌倉時代は田舎まで(といってもこの時代は京や奈良、鎌倉を除いて大概田舎だが)市場が開かれるようになったり、鎌倉文化が栄えたりしていた。ところが、1220年代後半から1230年代前半にかけて現在の八月に当たるころに雪が降るような歓喜寛喜の大飢餓に見舞われている。ほかにも鎌倉大地震で被害がもたらされたり、将軍の権限がなかったり、天皇が島流しにされているため、1192(いい国)どころか06192(悪い国)である。

このころは横綱製造機が急速に成長を遂げた時期でもあり、モンゴル帝国が一番いい国である。

関連項目[編集]


この項目「いい国」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)