いちご煮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いちご煮」の項目を執筆しています。

いちご煮(-に)とは、いちごを用いた吸い物の一種。と僅かな醤油で味付けされる事が多い。またオランダイチゴを使う場合はサイズが大きく酸味が弱い為、酢を加える事がある。

概要[編集]

日本ではオランダイチゴがもたらされるまで、いちごと言えば野莓を指していた[1]。そのままでは酸味が強いが、疲労回復に効果があるとして古くから幅広い層に親しまれている。調味料として使われる事が多いが[2]食材として料理に使ったものの代表がいちご煮である。近代に入り野莓の収穫量が減少しており、オランダイチゴを用いる事も増えている。

いちご以外の具材としては三葉や丸麩がよく使われるが、いちごだけのものが箸洗いとして懐石料理に出されることもある。酸味のある塩味ということで口直しに向いており、他の料理を引き立たせる効果が強い。オランダイチゴでも基本は同じだが、サイズが大きく味が出やすいので出汁を控え目にして味を調整する。

誤解[編集]

野莓が自生していなかった東北地方には、ウニアワビを使った吸い物が「いちご煮」として伝わっている。これは小豆と南瓜を煮た「いとこ煮」やアワビと大豆を煮た「大船煮」など人気の高い煮物に寄せる形で付けられた名前[3]だが、それを誤解して「いちご煮にいちごを使うのは間違い」という誤った情報がインターネットを中心に流布されている。

オランダイチゴがケーキジャムなどに用いられる事をその根拠とする事もあるが、これも誤りである。オランダイチゴは確かに製菓用としてもたらされたし実際に使われてはいるが、日本の農業界では野菜として扱われている[4]。逆に日本では惣菜の材料となる[5]は、欧米では製菓用食材として扱われている[6]。更に日本人が小豆を甘く煮て食べるのも、欧米人にして見ればかなり奇異なものとされる[7]。またいちごを揚げた料理などが様々な地域にあり、いちごを野菜として料理に使うのは日本の食文化の中ではごく自然な事なのである。

脚注[編集]

  1. ^ 日本書紀には「伊致寐姑いちびこ」という野菜の記述があるが、いちごが登場する文献としては最古のものと言える
  2. ^ 主に吸い口として使われており、現在ゆずを吸い物の吸い口に使うのは野莓の代用である[要出典]
  3. ^ ゆず胡椒は「胡椒の方がイマドキだから」としてこの名前になっているが、これに近い命名方針。
  4. ^ 農林水産省の分類でも野菜と明言されており、農協でも野菜苗として苗が販売されている。
  5. ^ 煮物にして食べるのが日本では一般的。
  6. ^ ルバーブやアンゼリカといった種類の蕗が有名。
  7. ^ 彼ら彼女らにとって、豆は「主食」。を甘く煮てお菓子にする、と言ったら大抵の日本人はフリーズするだろうが、それと同じである。

関連項目[編集]

Dish.png このいちご煮は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)