いちろ少年忌憚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、ティーダが夢の存在でありシンを倒すと消えてしまうことや、ミルドラースは本物よりコンピューターウィルスの方が強いことや、ジューダスの正体は前作で死んだリオン・マグナスであることや、S.T.A.R.S.アルファチームのリーダー、アルバート・ウェスカーはアンブレラのスパイであることや、漆原るかは岡部倫太郎を慕っていたことや、曽根美雪の性格パターンは3の30乗、205891132094649通りあるため実質唯一無二の存在であることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、Wiiリモコンやコントローラーを手放さないようにしてください。

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「いちろ少年忌憚」の項目を執筆してくれています。

いちろ少年忌憚 ( - しょうねんきたん) とは学校を舞台にした、七不思議と戦いながらヒロインとの絆を深めるドッキドキの青春物ラブストーリーゲームである。制作元であるねこふろしきのホームページにおける記述によれば、北海道の某高校では本作品の舞台「サイレンとヒル」(!?) の公演がされたという。

ストーリー[編集]

ある日ある時、夢見る美少女女子高生・月子は、憧れていたサッカー部の先輩を告白をする為に立ち入り禁止の屋上へ呼び出した。しかし、月子はそこで見てはいけない物を目にしてしまい、心臓発作でブッ倒れ帰らぬ人となってしまう。更には呼び出されたサッカー部の先輩・一郎も、その事実に大きなショックを受けた後に屋上の見てはいけない物に取り憑かれ、そのまま屋上から落下し死亡してしまう。

そしてそれから数カ月経ったある日、2年生のいちろは放課後になっても独り教室でこっくりさんに没頭していたが、その最中に10円玉から手を離してしまい、こっくりさんを怒らせ呪われてしまうのであった。そして時間は過ぎ、何事もないように写真部の部活が終わったとおこと一緒に帰宅するいちろであったが、なんとブリッジをしたまま駆け寄って来る恐ろしい女性に出会ってしまう。何とか逃げ出すも、学校の玄関は鍵が閉まっており、二人は校舎に閉じ込められてしまう。

概要[編集]

一見普通の、学校を舞台にしたホラーRPGだが、内容は学校の七不思議を戦って倒すという、聞いただけではどう考えてもハチャメチャな目的を持つ物となる。更に見事ハッピーエンドを迎えれば、先述の月子と一郎の恋を成就させてそのままとおことも恋が成就するというリア充エンドに辿り着く事が出来る。

しかしそのせいなのか、それとも目的が「学校の七不思議と戦う」なんて無理な物だからか、非常に一撃死のイベントが多く、「呼ばれて振り返っただけでゲームオーバー」「窓を覗き込んだだけでゲームオーバー」「ロッカーを調べただけでゲームオーバー」等と言った初見殺しの死亡イベントが多い。更にバッドエンドでは、とおこが「玄関が開いていたから今のうちに帰ろう」と言うのでホイホイついて行ったらなんととおこは死んでいた、等といったプレイヤーの理解がすぐに追いつかないようなイベントもある。

登場人物[編集]

いちろ
名前も見た目も、一郎の二番煎じで生まれたとしか思えないキャラクター。しかし主人公。七不思議と戦うなんて試みをしたのは多分彼が世界初なのではないかと思われる。
とおこ
尿意
清丸
オカルト部の部長で、顔はかなりのイケメンであるが言っている事はソレ一色の変人。とおこがおしっこ漏れそうになっても助けてあげなかったり、学校から出られるようになったと聞いても帰ろうとしなかったりで、全国のプレイヤーから疑惑の目線が投げかけられている。
月子
生前はなかなかの美少女だったが、例の一件で死んでからは学校の生徒から「憑き子」呼ばわりされる可哀想な人。
一郎
いちろ曰く「あれが…憑き子…!?」。いえいえ違いますってば。

関連項目[編集]