いぬかみっ!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
いぬかみっ!原作者・栄沢汚水、彼もまた立派なヘンタイである!
いぬかみっ!の原作者・栄沢汚水 について、仮名史郎

いぬかみっ!』は、日本犬神をモデルとして、栄沢汚水が執筆した変態小説である。読者を騙すためのイラスト担当は若月神無

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いぬかみっ!」の項目を執筆しています。

概要[編集]

原作について[編集]

生粋の変態である作者によって描かれた、個性あふれる変態達が跳梁跋扈するヘンタイによるヘンタイの為のヘンタイ小説である。しかしカバーイラストが女性キャラである為、よくある萌え小説と勘違いするものが後を絶たない。最初のコンセプトはちょっとえっちならぶこめという若干ありきたりなものだったが、2話ほどしか持たず、1巻でもう変態が当たり前のように登場している。この作品の本当のコンセプトはヘンタイマッチョである。

また、第1部と第2部で作風が大きく違う。もう本当に大きく違う。

第1部では変態が跋扈し、男性キャラは大体が変態でさらにボスまで変態というもう変態しかない内容である。もちろんバトルもヘンタイvs.ヘンタイが主流で女の子が戦う相手も基本ヘンタイである。もう意味が分からないが、間違っていない、最初から作者が間違っているので逆にこれで正しいのである。

第2部では打って変って、最初のコンセプトである戦う女の子をメインにおいた作品になった。ヘンタイはなりを潜め、主人公と女の子が平和に暮らし、時には勇敢に戦うという以前の作者を知る者には人が変わったのではないのかと疑う内容であった。そのためか第1部に比べずいぶんと巻数が少ない。

アニメについて[編集]

セブン・アークスの手により作られたアニメが、テレビ東京系とAT-Xで放映された。視聴者に原作に負けずとも劣らないヘンタイっぷりを見せつける。というのも原作では文章でしかなったあれな表現がすべてアニメになるのだからこれでヘンタイにならない方がおかしい。そのため、原作よりもヘンタイ5割増、マッチョ10割増。さらにヘンタイを加速させているのがエンディングテーマである。『友情物語・男子(?)バージョン』という深夜以外に流せないような危険な代物で、ヘンタイを賛美し、かつ映像でもマッチョが乱舞するなど、監督の良心を疑うに十分なものである。もちろん一部愛好家の間で名高い。

漫画について[編集]

松沢まり[1]が作画を担当した。作画が作画のためか、または作者がヘンタイを理解したくなかったできなかったのかは定かではないが、女の子メインの変態要素が薄めの作品になっている。月刊電撃コミックガオ!で連載されていたが、隠しきれないヘンタイのためか掲載誌が休刊となり、そのまま打ち切られた。

あらすじ[編集]

由緒正しき犬神使いの一族・川平家の末裔・川平啓太。彼がストリーキングを繰り返し、町の変態達のカリスマ変態となる姿を描く。なお、演出の若干の違い以外は小説・アニメ・漫画に違いは無い。

登場人物[編集]

主人公[編集]

川平啓太(かわひら けいた)
主人公。
著名なエクストリームスポーツ全裸マラソンの達人として知られ、数多くの大偉業を成し遂げている事から裸王の異名を持つ。
そのため町のヘンタイ達からは一目置かれ、彼らは強い友情で結ばれている。
シリアスとギャグをうまく使い分けられるまさに主人公。
というか、第一部と第二部でキャラが全くと言っていいほど違う。いなくなった薫(男)のキャラを吸収しているとしか考えられない。
ようこ
ヒロイン。啓太の共犯者。
しゅくちによって、啓太のストリーキングを援護している。
刊を増すごとにキャラが変わっていく情緒不安定なヒロイン。
こいつも第一部と第二部で大きくキャラが違う。特に1話とでは同じキャラとは思えないほど。

朋友[編集]

川平薫(かわひら かおる)
啓太の従兄弟。啓太を尊敬している。
山上にグランドピアノを持ち込みドビュッシーを弾き続けるフランツ・リストのような奇行に及んだが、その結果、彼を慕う女の子によるハーレムが完成した。ピアノは担いで登ったのこと。
なお、薫は本名ではなくの名前である。最終巻及び外伝でも本名が明かされることはなかった。
名前だけでなくいろいろと謎だらけのキャラで、第一部の終わりごろに謎がが大体解けるとそのまま消えてしまった。
そのまま、最終巻まで(文字通り)空気になっていた。いや本当に空気になっていたんだって。
せんだん
序列1位。
縦ロール、ドレスなのに赤髪。
序列1位だが、最強というわけでも、最年長というわけでもない。
バランスよく何でもできる、そのため個性の強いそのほかのキャラに負けている。器用貧乏。
結局大きな出番なく本編は終了してしまった。
なでしこ
序列2位。
ヤンデレ。もう教科書に載せたいレベルの模範的なヤンデレだった。
作中のいぬかみでは最年長で、長老すら震え上がる。
主役のようこよりも出番が多い、特にシリアスパートの大部分に関係している。普通に真のヒロイン。
年齢は詳細に設定されていないが軽く400年はかたい。
いぐさ
序列3位。
お金を稼いでいるため3位というなんかここだけやたらと現実的。
「さふらん瑠璃子」というネームで同人誌も執筆する、筋金入りの腐女子。
デイトレードと同人誌の稼ぎで生活するネオNEET
たゆね
序列4位。
幽霊や怪談が大の苦手な、ツンデレボクっ娘かつ巨乳
萌え要素が他のキャラに比べやたら多く、認識されると出番も急激に増えた。主人公をめぐる恋の鞘当てにまで入ってきた。
さらに愛人属性までもっている。作者はこのキャラに何を求めているのか?
作者曰く、もっとツンデレを増やしとくんだったとのこと。
ごきょうや
序列5位。
かつて川平啓太の父・宗太郎の愛人だった事があるが、彼の妻の嫉妬により契約を解除されることになった。
白衣のお姉さんを地で行く、こちらも狙った様なキャラ。
出番が上のキャラより遅く、そのため活躍の機会が少ない。が、後半から挽回と、出ずっぱりだった。
てんそう、フラノとともに行動することが多い。
てんそう
序列6位。
いぐさの趣味に共感する等、やや腐女子の気がある。
スケッチブックを持っていて色々書いている。中には
前髪で目が隠れているが、それを取るとかわいいという、古典的なキャラ。
あまりにもベタだったため、一度しか使われなかった。
フラノ
序列7位。
唯一の18禁キャラ。つまりユニコーンはやってこないということ。
電波で天然、そのためか未来視などオカルトっぽい能力をもつ。
単純な能力は低いのでバトルになると空気。日常、ギャグパートでしか出番がない。その出番でも重要な役回りは基本やってこない。
いまり&さよか
序列 8/9位。双子。
お子様ボディーなので啓太の対象外。
植物を育てることに才能を持っている。が、言ってしまえばそれだけ。
作者曰くもう成長しないとのこと。つまりこのままロリのまま。
服などを入れ替えているうちにどちらがどちらか分からなくなってしまっている。自我境界線が薄いのだろう。
ともはね
序列 10位。
ロリキャラだが、大人になると周囲が動揺する位に潜在能力が高い。
ロリというか上のいまりなどと違い、手を出したらリアルに捕まる年齢。
成長すれば作中でも屈指の実力になるものの、取ってつけた設定で特にフラグとかもなく、最終決戦以外でまともに使われることはなかった。
川平カオル
上記の薫の双子の妹、性別が違うとか言うのは無し。
アニメではここまで行かなかった関係か、完全に出番がなかった。
キャラ自体が薄いことと、他のキャラの個性が強すぎるため、キーキャラクターにも関わらず、普通に空気。
新堂ケイ
第一部もゲストキャラだったが、第2部にて正式にレギュラーになる。
第1部では、20歳で小学生に見えるぐらいの幼児体型だった。合法ロリ。
しかし。第2部では普通に成長し高校生ぐらいになっていた。需要があまりなかったのかどんどん変な方向のキャラ付けがなされていった。
最終的にはヘンタイどもを統率し女王と呼ばれるまでに至った。合法ロリのままだったならこうはならなかったのに。

町のヘンタイども[編集]

仮名 史郎(かりな しろう)
ヘンタイ魔道士の名で有名な赤道斎の子孫。
仮名自身も、幼いともはねや純情なカオルにまで裸体を晒したり、全裸で川平啓太と抱き合ったり、素っ裸に女物(ようこ)のパンツを一枚穿いただけの姿を目撃される等、血は争えない。
あらゆる行動がすべてヘンタイに行きつく。これはもう遺伝か才能かもしくは呪いとしか考えられない。
河原崎 直己(かわらざき なおき)
啓太の先輩。
ネコミミと尻尾のあるケモノ娘を異常なまでに愛するヘンタイ。
ともはねと出会う度に襲いかかるなどロリコンもある。
自らの望む姿に変身した時には、ネコミミ、シッポ+セーラー服だった。アニメやマンガでばっちり再現された。
特にアニメではこれがヘンタイ作品でなければ、作者にものすごい勢いで苦情が来たに違いない、そんな出来だった。
ドクトル
川平啓太の住む吉日市のヘンタイ達を束ねるヘンタイの頭目。通称「覗きのドクトル」。
大胆不敵な覗き魔でありながらその言動は非常に紳士的で、常に聡き女性の味方と称するジェントルマンである。 (注)覗きは犯罪です。
啓太の事は英雄「裸王」として一目置く存在。その年齢でその脱ぎっぷりはすばらしいとのこと。つまり覗き以外の行為にも精通している。
ヘンタイの中でも格段に能力が高く、気配を消すことに関しては誰も気づくことができないほど。しかし、そのスペックをまともに使うつもりはないらしく最終的につかまってよく留置所にいる。
親方(おやかた)
ドクトルの同志その1。
下着泥棒の名手。本作では、赤道斎と1、2を争うくらい卑猥な恰好をしているヘンタイ。
ここに書けないぐらいひどい恰好をしている。ちなみにその格好で出歩くと即警察のお世話になるレベル。
一度だけ活躍の機会を与えられた。が、それ以降は出番すらまともになかった。線香花火見たいなキャラ。
唯一連行されている描写がある。その時の周りの反応が実に冷めたものであり、この街にいかにヘンタイが多いのかということを間接的に伝えた。
係長(かかりちょう)
ドクトルの同志その2。
マゾヒズムの大家。常にスーツの上から亀甲縛りのスタイルで登場するヘンタイ。
縛られたまま走る、飛び跳ねるなど異常にアクティブ。そしてどこからともなく現れる。
出番は少ない。これは単純に係長という役職(というか普通に就職していること)と妻子もち(もちろんドS)がいることから作者の嫉妬が爆発したのだろう。
むしろこんなやつが普通に生活できていることが驚きである。

強敵[編集]

赤道斎(せきどうさい)
常に下半身を露出し続ける究極のヘンタイ。
自らの理想郷たる全ての欲望が肯定される場所「賢者の楽園」(ヘンタイパラダイス)をこの世に構築する事を目指している。
彼の理想は「下半身を出して歩いても問題のない世界」である。ヘンタイの鏡。
その為、「裸王」の名で街中の有名人となっている啓太を自分の後継者に指名しようとした事もある。
300年前からこんな感じだったらしい。江戸時代からこんなヘンタイがいたのか。
中の人がやたら生き生きしていたが、多分気のせいだろう。
だいようこ
ようこの父親。大人の男性でヘンタイではない数少ないキャラ。
因果律を操り死んだ人を生き返らせたり、時間を一時的に進めたりと、作中最強のキャラ。
そのためか活躍する機会はほとんど無い。ラストバトルしか出番がない。ほかは完全にモブになっている。
邪星(じゃせい)
一千年の間童貞を守り続けてる魔法使い。
人が絶望する瞬間を見ることによって長生きしてきた。
そのため言うまでもなくドSである。
さんざん引っ張ってきたが、一部の終わりにあっさりやられた。役割が何だったのかよく分からない。
栄沢汚水(えいさわ おすい)
作者。
「露出卿」の異名を持つ。アニメの次回予告でもヘンタイ呼ばわりされた筋金入りのヘンタイ。
アニメでのはじけ具合は、アニメ化がうれしかったのだろう。

用語集[編集]

犬神
人に近い人妖。作中では需要の関係でやたら女性ばかり出てくるが、男性も普通にいる。
基本犬耳は出していない、しっぽの方がよく出ている。作者の間違い具合がよく分かる設定である。
ヘンタイ
公式設定として、心に赤いバラを咥えているだとか、作者のヘンタイ感がよく分かるものの一つ。
結局まともな男性キャラが出てこなかったことから、自分の作品のキャラを道連れにしている可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ 大人の事情により、原作番外編からは彼女が挿絵担当となっている。

関連項目[編集]


Natsuiro.jpg このアニメ「いぬかみっ!」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)