い・ろ・は・す

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

い・ろ・は・す (I LOHAS) は、日本コカ・コーラ社が販売する天然水のようなものペットボトル容器が売り。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「い・ろ・は・す」の項目を執筆しています。

概要[編集]

い・ろ・は・す (555ml入り)

「おいしくて環境にいい、新しい日本の天然水」をコンセプトに開発された軟水のナチュラルミネラルウォーターである。2009年の発売後急速にシェアを拡大し、いまでは小型ペットボトル入り天然水市場の50%を占める。取引先にこだわりはなく、駅ナカの売店コンビニなどどこでも売っている。

天然水ブランドだが純水にはこだわらず、みかんりんごももトマトレモンアロエミキプルーンといった様々な味付き商品を揃え、天然水とジュースの中間あたりの微妙な線を狙う。2014年には「い・ろ・は・す スパークリング」と銘打って炭酸水を追加したものの、容器目当てで中身にはこだわらないが多くほとんど知られていない。また同年、はずれ当たりとして何百本かに一本程度の割合でカビ味の商品を混入したが、商慣習にこだわらずサプライズ企画としたことが裏目に出て景品表示法違反を指摘され、約67万本の自主回収を行った。

種類[編集]

前述の通り様々な味のものが用意されているが、容器を美しく見せるため、どれも無色透明である。果実は産地にこだわらなかった結果、生産量の多い主要産地から調達することとなった。それぞれ愛媛産のみかん、長野産のりんご、山梨産のもも、瀬戸内産のレモン、沖縄産のアロエ、三基商事産のミキプルーンを使用。

果物の風味は抑えられており、薄味である。レモン味は特に、何も考えず手に取ったこだわりのない人にも飲みやすいよう、苦味を消している。

採水地にも特にこだわりはなく複数。当初は5ヶ所だったが増減を経て、現在は6ヶ所に落ち着いている。採水地による種類分けはしておらず全てごちゃ混ぜとみられるが、そのあたりにはこだわっていないので表記も特にない。

ペットボトルへのこだわり[編集]

大きな特徴として、ペットボトルへの異常なまでのこだわりが挙げられる。造形美と同時に軽さを極限まで追求した結果通常のペットボトルより12グラムも軽く、片手で簡単につぶすことができるほど。これにより製造コストを削減、自社従来製品比で「ボトル1億本あたり地球90周分の原油削減」などと環境負荷の低さもアピールする。

2010年には植物由来の素材を一部使用した「プランツボトル」を導入し、環境への配慮をさりげなく演出するアイテムとしてさらなる人気を呼んだ。エコ意識高まるゼロ年代2010年代の流れを捉え、「水にこだわる人」や「環境にこだわり外では水を買わない人」よりも「"エコな自分"の演出にこだわる人」が多いと見抜いた慧眼といえるだろう。

コラボ商品[編集]

幻の商品 一色いろはのい・ろ・は・す
千葉都市モノレールにて「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のラッピング列車を走らせた事を記念して、限定生産したコラボ商品。一色いろはの人気のみならず、限定フレーバの「千葉県産 幸水梨」とした事で、店頭に出すや直ちに売切れた知る人ぞ知る商品。ただし、発売予定前日である2015年5月1日にフライング(非公式)販売して瞬間蒸発となってしまったため、公式の商品リスト 俺ガイル×ちばモノ情報(イベント・グッズ)には載っていない幻の商品である。

関連項目[編集]