おかずクラブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おかずクラブ」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「おかずクラブ」の記事を執筆しています。

おかずクラブとは、フジテレビ系列27局で平日午前に放送されていたテレビ番組である。

概要[編集]

おかずクラブは『有吉くんの正直さんぽ』『国分太一のおさんぽジャパン』等のような、所謂「散歩番組」。同系統番組が飽和状態にあった為、差別化を図ろうと地方での食材探しロケをメインとした番組になっている。新人デブス芸人である「オカリナ」と「ゆいP」が各地の小さな商店街等を訪ね歩き、「日本一ご飯にあうおかず」を見つけるのが番組の最終目的として設定されていた。概ね2~3週間で一県を縦断するのが定番のコースだった[1]

ただ、単に食べ歩くだけではローカル旅番組と変わらなくなってしまう為、おかずクラブでは番組の後半に必ずトラブルが仕込まれていた[2]。そしてショックを受けたオカリナが泣き出し、ゆいPがカメラを睨み付け「これがお前らの、やり方かぁ!!!」と怒りの声を上げる所で番組が終わるのが常であった。

番組自体は2009年の第19回を以て休止(という名目での打ちきり)となっているが、ゆいPとオカリナはこの番組の復活を願い「おかずクラブ」という名のコンビを結成。業界随一のデブスコンビとして、各方面で活躍している。

出演者[編集]

オカリナ
漫画好きのデブス。キャッチコピーは「全身コンプレックス」。
オーディションで自己PRするはずが、時間一杯ひたすらオカリナを吹きならし続けスタッフを唖然とさせた逸材。
「デブスは単なるキャラクターで、ホントは私美人なんです」という態度を取りたがる、ちょっとイラッとさせるスタイルが持ち味。
ゆいP
読書とアニメを愛するデブス。西武園ゆうえんちのスタッフでもある。
ゆいPのPは「ピュア」の意で、処女だということを示している。オカリナもそうだが、蜘蛛の巣は張りっぱなしらしい。
ほたほたした笑顔のデブスだが、凄んだ時の顔が凄まじい。それをネタにしたのが上記の激怒演出である。

脚注[編集]

  1. ^ 一回の放送は10分か15分。放送回によってどちらかの尺で放送されていた。
  2. ^ 野外セットが倒れ、料理が巻き込まれてしまう等。

関連項目[編集]