かながわブルー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

かながわブルー(神奈川青、KANAGAWA-Blue)とは、神奈川県「こころの色」である。

制定[編集]

的にはこんな色。

昭和53(1978)年1月31日に神奈川県のシンボルカラーとして制定。厳密には「日本工業規格乙8721準拠の標準色票2.5PB 5/10」(つまり色)とされているが、青をシンボルカラーとする他の自治体・諸団体からクレームが殺到したために定義を変更、その結果「神奈川県民の洗練された心栄えを表す、まさに神奈川県ののような青」とされたものの、今度は「青と言えば空という安直な発想が気に入らない。神奈川県は開港以来、舶来・海洋文化をもって洗練されてきたため、その象徴色は『神奈川県ののような青』が妥当ではないか」という意見も出た。すると今度は県央地域から「それは我々への皮肉か。海がないだけで田舎扱いされるなんて、同じ神奈川県なのにだ」という抗議の声も上がったため、結局「空のような青」としたのであった。

問題点[編集]

かくして「空のような青」と定義したのはいいが、空の色は時刻や地域、気象によって大きく異なるため、結局その人の気分によって定義づけられているのが実情である。そのため他者と概念を共有できず、シンボルとして実用に適さないという致命的な欠点があるものの、そもそも自分の在住在勤あるいは出身県のシンボルカラーなど興味ないため、誰も気にしないのであった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神奈川県」の項目を執筆しています。
  • (Blue Sky)
  • (Marine Blue)
  • (BLUE HEARTS)
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第11回執筆コンテストに出品されました。