くない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

くないとは日本忍者が使用した強力な武器であり、漢字では「苦無」と表記されるように、相手を苦しませずに殺せる慈悲深い武器で痛くない。少しだけ苦しみ無しに死ねる少苦無と、大いに苦しみ無しに死ねる大苦無と、ぶっ飛ぶほど苦しみ無しに死ねる飛苦無があるが、種類はそれほど多くない。

使い方[編集]

くないは使用者にも使用対象にも苦しみを無しとすることを目指して造られたものである。そのため後頭部や延髄に向かって振り落とすのが正しい使い方である。使い終わったくないは血糊を洗い落とさずにおき、庭の土を掘っての花を植えなければならない。どんぐりの実を割ったり、牡蛎の殻を割ったりすることもできるが、忍者の掟に背く行為とされた。

新世代のくない[編集]

くないは汎用性の高さから現代でも様々な形で利用されているが、よくわからない。

  • 良くない - 良質な鋳鉄を使った良いくないだがあまり良くない。
  • 凄くない - 凄いくないだが、凄くない。
  • エロくない - 性的に興奮するんだかできないんだか。

関連[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「くない」の項目を執筆しています。