ぐにゅ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GNU」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ぐにゅ」は何故か「GNU」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ぐにゅは雲丹(うに)以外の何かである。

概要[編集]

ぐにゅはコンピュータのある場所に多く発生するといわれる生物である。デスマーチが行われている開発室など、劣悪な環境に適応しており、しばしばそのような環境で食物の残骸などに発生する。

ぐにゅ汚染問題[編集]

ぐにゅは開発現場に広く分布しており、適正に使用すれば非常に有用な存在である。長時間放置された食物にはいくらでもぐにゅが発生する。

しかし、毒性があると言われており、ぐにゅに汚染された食物の安全性については疑問視されている。

無償で使用される製品については特に問題なくぐにゅを使用することができるが、業として製造する商品に使用する場合は注意が必要である。最悪の場合、企業機密を含む製品の全データを開示する結果となることがある。

百科事典での取扱い[編集]

さる百科事典の半分はぐにゅでできており、残りは優しさでできているといわれる。

ぐにゅを十分理解しないで編集する行為は、深刻な生物兵器を用いた戦争や重大な消化器感染症につながるため厳しく禁じられており、ぐにゅを数ヶ月くそまじめに摂取するよう命令された者も少なくない。

特に、管理者は、一度はぐにゅが大繁殖した食物をイッキ飲みして、ぐにゅと同化する必要がある。

関連項目[編集]