ケツバン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
けつばんから転送)
移動先: 案内検索

けつばん(ketuban、学名 : unknown kine-turados、英語名MissingNo.)はポケットモンスターに登場する謎の生物。能力は全て解明されておらず、謎のままである。なお、タイトルがカタカナで表記されているが実際はひらがな表記が正しい。

けつばんの自己防衛能力

研究[編集]

日夜、日本けつばん調査隊(JKS)の学者達はけつばんの研究を重ねてきた。毎日、ニンテンドーDSを持つ日々が続き、一人は過労で倒れその後死亡した。まさに、けつばんの研究は死と隣合わせの状況である。現在、日本全国に7ヶ所けつばんを研究する施設が国立で設けられており研究が進んでいる。安部内閣が推奨する「美しい国」とはまさにけつばんのことを言っていたのだ。民間でけつばんの情報があった場合報奨金として20万貰える制度はけつばん研究の推進を更に加速したものであった。開発者に聞けばいいじゃないか。

[編集]

前記にも述べたとおりけつばんの研究は常に死と隣合わせのものであった。子供達にも影響が及ぼされ2005年の統計結果には全国の小中学校の生徒の約89%がけつばんの研究の副作用によるゲーム脳と診断された。今後規制を厳しくしていくのかはまだわかってはいない。

捕まえ方[編集]

まず、普通のプレイをしていれば手に入れるもしくはけつばんと出会うという異次元的な現象は生じない。しかし、富士通の発表によると下記のとおりにするとけつばんが手に入ると言う。(なお、下記の裏技で失敗もしくはゲームが壊れた場合Microsoft社はきちんと保障いたします。  ダイヤモンド・パールの場合

  1. 四天王三人目の扉から波乗り
  2. 東に200歩
  3. 南に45歩
  4. そこで探検セットを使い、出る
  5. タウンマップ外で謎の場所扱いされる場所に出る (草むらのある周りを壁に囲まれた場所でBGMはポケモンリーグ)
  6. 野生のけつばん(Lv.1~100まで全て出るが、けつばんしか出ない) (グラフィックは丸に?が書いてある) (出る度に色違いの光が見える)
  7. 空を飛ぶで脱出、その後ズレを直す


肝心な、赤、青、緑などの裏技は現在総務省からの通知でここに書くことが出来ません。

ファイアレッド・リーフグリーン版[編集]

ファイアレッド・リーフグリーンではオーキド博士との出会いイベントを無視し草むらに入ると手持ちがけつばんになる。わざを使おうとすると「このポケモンは使える技をもっていない!」と出てその後ポケモンセンターに直行することになり、フリーズする。うまく逃げることに成功すれば、ニビシティまで行ける。

保護条約[編集]

1995年、けつばんの存在が確認出来てから世界では保護条約を求める運動が各国の大都市で行われた。国際連合はそれに伴い、1996年6月29日にけつばん保護条約が制定された。日本不参加。

スポーツ界での活躍[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「永久欠番」の項目を執筆しています。

けつばんはしばしばスポーツ界の選手に憑依し、絶大な功績を残していくことがある。しかし、けつばんが見つかった時点でその個体は離れてしまい本人には全く記憶が残らないため、今のところ捕獲に成功した例はない。この種のけつばんをA級けつばんとよぶ。

結果[編集]

現在分かっている情報を記した。

  • 初代レッドバージョンからエメラルドにまで生息範囲を広げた
  • 鳴き声はサイドンと極似している。しかしたまにサンドパンニドラン♂に似た鳴き声を持っている。
  • ノーマルタイプ・格闘タイプを持つ
  • モザイクがかかる
  • 捕獲すると自己防衛能力によりカセットを破壊する
  • 仮にゲットしても数日後には突然データが全て消える
  • 図鑑ナンバーは000か152または253である
  • 100レベルに達するとガルーラに進化する
  • カブトプス又はプテラの化石になってた。(こちらは一番まともな個体とされる)
  • けつばんを出そうとすると「オムナイトポケモン2」などと言った手持ちのポケモン名と用語がニックネームになってしまうこともよくある。

以上の結果が報告されている

権威[編集]

けつばん研究の権威もしくは権威誕生のきっかけとなったものを紹介する

  • 田尻智・・・ポケモンの開発者。開発途中このけつばんの存在に気付いたが自己防衛能力により一部のポケットモンスターのソフトにバグが起こった話はあまり知られていない。
  • 宮本茂・・・ゲームクリエーター。けつばんの捕獲に初めて成功した人物。
  • ポリゴン・・・ポケットモンスターといわれているが列記とした光学兵器。1997年に光過敏性発作を起こす映像を流し人間を殺傷するテロを起こした(ポリゴン事件)。これはあくまで説であるが、ポリゴンは特殊プログラムが組まれていて、これに世間が情報を求めテレビに執着している間、田尻智に潜みけつばんの情報を手に入れ漏洩したという疑惑もあるが、ポリゴンそのものが消去され現存しないのでどうともいえない。
  • オーキドせんせい・・・言わずと知れたポケモン研究の権威。ゲーム中でけつばんLv76を使用する。
    • 技構成:しろいきり(5ターンの間能力を下げられなくなる) / わざマシン01(技の追加効果で、相手の物理技のダメージを半分にする) / わざマシン08(この技で相手が倒れなかった場合、バトルを無効にする) / わざマシン14(一瞬でゲームの画面ごと氷結させる。相手は死ぬ)

現在[編集]

けつばんの生息場所は特定できていない。ダイヤモンド・パールにも生息している可能性は高い。 カセットデータ間の移動は現在確認されていない。(2007年度ポケモン白書より)

自分の手持ちであったら、一時的に操作することができるようだ。

リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「けつばん」の項目を執筆しています。