こきんちゃん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第11回執筆コンテストに出品されました。

こきんちゃん阿小金)とは、小金井市マスコットキャラクターである。

概要[編集]

住民票もあるんだよっ♪

平成20(2008)年11月1日、宮崎駿が小金井市のとある主婦うふふしてできちゃった子どもを遺棄、あわや餓死寸前のところを拾った小金井市長が全国に名付け親を公募した結果、小金井市の検閲により削除氏によって「こきんちゃん」と命名、一躍いらない子から小金井市のマスコットキャラクターとして脚光を浴びる存在となったのである。

「どこをどう見ても気まぐれ半分でチラシの裏に書いたような、いかにも『うろ覚えで描かれた金太郎』でしかないのであるが、聞いて驚け、これはかの世界的にも有名なスタジオジブリの偉大なる(もはや21世紀の日本を代表する芸術家の一人といっても過言ではなかろう)宮崎駿大先生が、小金井市および我々市民のためにと直々に絵筆をとってデザインして下さったという誠に稀有なる経緯をもっている作品であり、確かにそう言われてみると、どことなく品性と言うかただならぬ美的センスというか、素人目にもそれが感じられるのであり、それを感じさせる宮崎駿先生のオーラというか小金井市に対するというか芸術に対する情熱というか信念というかポリシーというかモットーというかその他もろもろがひしひしと伝わってくるのである。よって本作品を揶揄したり、また、小金井市民のブランド崇拝主義を風刺することなど、断じて許されないのである。」
こきんちゃん について、小金井市長

ともあれ、こきんちゃんは今日も小金井市民の愛情をたっぷり浴びて、すくすく元気に育っている。たとえ何年経っても赤ちゃんのままであろうと。

人物[編集]

  • 住所は「小金井市内・元気な子どものいるところ」であり、子どもから元気を吸い取って永遠の若さを保っている。
  • 小金井のをこよなく愛し、世界一であると自負している。
  • 特技は「誰とでも友達になれること」であり、友達になってくれないと友愛してしまう。
  • アイドル気質のためにひとりぼっちが何より苦手、孤独に耐えるためにはらがけが手放せない。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「こきんちゃん」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。