さけぶチーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

さけぶチーズとは、乳業会社が生物化学研究を目的として開発した食用乳製品であり、2005年に局地的範囲における業務用スーパーにおいて発売が開始された。マンドラゴラ配合。姉妹品にキレてるチーズがある。

概要[編集]

このさけぶチーズは、さけるチーズを連想させるネーミングであるが、これは商品のマーケティングにおいて非常に有利なネーミングとして付けられた名前だと言われており、悪趣味で、販売対象が非常に局地的な物となる商品としては、非常に高い売り上げを誇っていると製造会社は発表している。

この商品は名前の通り絶叫するチーズなる物であり、チーズである事の意味はほぼ皆無であるが、チーズにした意味は上記の通り、マーケティングで非常に有利になるネーミングであるというものである。どのような場面で絶叫するかに関しては、幾つもの例があり、というより四六時中叫んでいるという風に説明するのが正しいだろう。

開発[編集]

開発において、株式会社検閲により削除乳業が、乳製品の開発に生物化学の研究を取り入れたとして、チョメチョメ由来と思われる生物のDNAを弄った結果、聞くに堪えない醜い叫び声をあげるチーズのような香りと形状の生物が誕生したと言われ、其処から「さけぶチーズ」というネーミングも誕生したと言われている。この発明の後、更なる改良を加えた結果、食用の乳製品として発売できるレベルまで進化し、2005年には島根県某所の業務用スーパーから売り手を展開していく形で普及していった。

バリエーション[編集]

改良が進んだ結果、さけぶチーズには様々なバリエーションが生まれた。さけぶチーズは、前述の通りチーズのような香りと形状の生物が一応味が付いて食えるようになっただけの物でしかないが、製造元の検閲により削除乳業は、食用としてではなく、叫び声の面における特化としてバリエーションを増やしていく方針を発表した。つまりこれは、食うよりも聴いて楽しむ為の乳製品として発売された製品であると言える。

先ず、断末魔の様な聞くに堪えない醜い叫び声をあげるだけの物でしかなかったチーズに改良を加え、MAZOな叫び声をあげるさけぶチーズが開発・発売され、こちらは少しばかり耳に好いとの事でチーズの売上が向上している、十分成果はあった、と製造元は発表している。後に、この2種類のバリエーションを基本として、声の質に改良を施した結果、少年・青年・若年男性・中年男性幼女女子高生・中年女性・高齢者等と言った、様々なバリエーションの声を持つチーズが誕生し、発売された。このように、改良が進んだ事によってさけぶチーズは売り上げを大きく向上させる事が出来たと言われている。

現状[編集]

市場におけるさけぶチーズは非常に好評となっており、最初は前述の通り島根の業務スーパー一店舗においてのみしか発売されていなかった物が、現在は少数ながらも各地の業務スーパーで販売されるようになる程の評判となった。しかし、前述の通り悪趣味な商品なので、販売対象は限られ、大手スーパーマーケットなどの販売企業では、さけぶチーズの販売を拒否するなどと言った動きも起こっている。また、さけぶチーズは海外への進出が認められ、北米、タイ、スペイン、ポルトガル、台湾、韓国、中国 (北京のみ) 、ギリシャ、南米等の数カ国で発売される事となった。但し、その様な海外では「さけぶチーズ」というような洒落たネーミングが日本語では通用しないという事が発売において問題となり、現在北米では「Screaming Cheese 」という名称で発売されている。

参考出典[編集]

関連項目[編集]