たゆん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

たゆん(英:tayune)とは、ゲル状の物体が外部からの振動による震え方を学問的に研究したものある。

概要[編集]

たゆんに関する研究はヨーロッパ圏において17世紀頃から始まったが、当時の人間にはその価値が理解されず2人の無名の学者を除き研究されなかった。しかし、1985年頃の日本で、当時の研究とは別の観点から研究・調査をはじめる者が現れ、研究が進むにつれ当時の文献から研究の目的が同一であることが確認された。2010年代に入り次第にこの研究が評価され、日本の多くの書籍や文献に「たゆん」が表記されるようになってきた。現時点で世界的な研究は度合いまだまだ浅く物理学者や言語学者に広く認知されるに至ってはいない。

ゲル状の物体に比較的低周期(0.4~0.9Hz)の振動をあたえたとき、その物体が振動する様子は古代より人々の心を魅了することが知られている。その理由は本能的なものであり本質的なものを研究はなされずにいた。この様子を表現する単語は、「ぷるん」(英:plung)が広く使われており現在でも一部の物体が同現象を生じるときに使用されている。しかし、ぷるんでは形容し難い物体の出現によりこの現象の標準的な研究と、形容の新しい単語の創出が求められるようになった。

この動きは関係の学会に衝撃を与え、多くの学者が頭を抱えた。出来ればそうした要望が出ないことを各学会で願っていたとも言われていた。そうした学会の姿勢は、学問に対する怠慢であると非難され、渋々と研究の深化が図られることになる。

だがそうした学会の動きとは別に2000年頃から次第にたゆんと表現する者が現れたがそれは、学者の手によるものではなく、またしても無名な表現者による者の産物であり、学会や著名な学者はまたしても苦汁を飲まされる結果となる。

たゆんが使える物体[編集]

ゲル状の物体を垂直面に固定し、無重力状態でその形状を整えた状態(理想垂直無荷重形態という)から、標準状態(1気圧、気温20℃、1G)においたときの物体の変形率が15~20%以内の物体がまずたゆんを形容する物体としての条件の一つであることは初歩的な研究から明らかになった。つまり、ゲル状物体の流動率が低く、変形率が低いような場合や、逆に流動率が高く、垂直面に対し大きく下垂するような場合は、たゆんという状態ではありえない。またその物体の透明度は0%で色彩は淡紅白色、淡黄色白色、淡褐色、褐色または、濃褐色であること。物理的強度は1N/mの力を物体に集中荷重して破壊しないことなどがあげられる。またその物体を被覆で覆った場合、被覆の変形が物体の変形に追従し、物体の形状が外観から容易に観察できる状態でも使用できることが明らかになっている。

結局[編集]

たゆんはある限られた条件のもとでしか成立しないという仮説が学会の中では支配的である。