卓袱台

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ちゃぶ台から転送)
移動先: 案内検索

卓袱台(ちゃぶだい)とは、食事の際に食器を並べる食卓の一種。有態に言えば、「短足のテーブル」である。家族で使用することで家庭の連帯感や温くもりを醸し出し、一人で使用することで孤独感が一層助長される。また、食事中に敵に襲われた際に攻撃を遮断するための盾や、逆に投擲用の武器としても転用可能で、他にも瓦割りの瓦の代用品に使えたり、地震の際下にもぐりこむことで落下物から身体を護ったりするなど利便性の高い万能の道具であることから普及率は高く、お茶の間に欠かせない一品となっている。

概要[編集]

中世までは、食事の際、各々に一つずつ、料理を載せた食膳が配膳されていたが、近代になって身分の垣根が緩和され、また家族社会の浸透により、全員が一つのテーブルで食事をすることが重視され、卓袱台が普及するようになった。形状は主に丸型か角型が一般的であるが、中には星型やうんこ型など、意匠が凝らされた形状のものも存在する。素材は木が主流だが、頑迷なおっさん達が度々「ちゃぶ台返し」を行い破損させてしまうため、おっさんが「ひっくり返しても壊れないちゃぶ台」の開発が希求された結果、素材の重量化が推進され、ミスリルオリハルコンなどを使用したとても重い卓袱台が一時期出回ったが、今度は重すぎて運搬できないという問題が浮上し、結局は木製の卓袱台が最も普及している。

脚の部分は盾として使用する際には取っ手代わりに機能する。脚の数は普通三脚か四脚だが、ビーバーをペットとして飼育している家、並びにシロアリの駆除に精を出さずその跳梁を放置している家では脚が齧られて崩れてしまう懸念があるため、そういった家庭のために脚の数を増やしたちゃぶ台も販売されているが、脚の数を増やしすぎて「人間の足が通せない」という苦情も報告されている。

まめちしき[編集]

かのイギリスのアーサー王は卓袱台を愛用したことで知られており、食事の折も、他の騎士達と協議を行う際も、必ず卓袱台に座したと伝わっている。イギリス料理がまずいことは周知の事実であり、当然、アーサー王も食事が不味かった際はちゃぶ台返しをした。そのため、ペントラゴンの料理人たちは素材選びから調理方法まで丹念に執り行い、アーサー王の統治する地域の料理はイギリス料理とは思えないほどの美味を誇るようになった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「卓袱台」の項目を執筆しています。
家具を兼用する投擲用の武器としては卓袱台以上の破壊力と扱いやすさを誇る。