てんびん座

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「てんびん座」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「天秤座」の項目を執筆しています。

てんびん座(てんびんざ、天秤座、リブラ、ライブラ、Libra、Lib、d)は、古代ギリシアの人間が空に浮かぶ星のうち、天秤理科室にあるあれではないので注意)のように見える部分に関して、こう名づけた星座である。星座記号はギリシャ文字の「Ω(オメガ)」の下に「_」を足した感じである。

星座概要[編集]

動物だらけの黄道十二星座の中では誰もが明らかに浮いていると思われるだろう星座なのだが、それはサソリはさみを切ったものを使って天秤を作り、それを星座にしたからである。故に、今から約数千年前のこの星座は隣にあるさそり座の一部だったのである。

しかし、いつの間にかその星座に秋分点が乗り移った時、流石の天文学者も今までの11星座では何かときりが悪いと思っていたらしく、止むを得ずその星座を2つに分割することにしたようである。そのうち、さそり座のはさみの部分をこの世に住む人間裁く天秤の姿に見立てて「てんびん座」と新たに命名し、残り部分を従来の「さそり座」の名を引き継ぐことにした。なのでこの星座が黄道十二星座の仲間入りを果たしたのはカエサルがユリウス暦を制定した年と極めて遅い。

また、軟派な神様達が活躍するお話では、この天秤は正義の女神の持ち物とされ、やはりこの世に住む人間を裁くために使われていたようだ。しかしある日、人間が争いをするようになると、天秤は次第にの方に傾いていき、ついに第三次世界大戦が発生した頃には天秤は完全に悪の方に傾いた形で故障してしまう。そして流石の正義の女神も人間の愚かさには参ってしまったためか、とうとう人間を見捨てまで地上を去っていってしまった。まぁ、新世界の神がこの世に降臨してくれば彼女も再び地上に降りてくれるだろう。

ちなみにこの正義の女神はこの星座の隣にあるおとめ座のモデルとも言われているが、それについては他にもいろんな説があるのであまりこの説をかたく信じないようにしていただきたい。

この星座を観測する際には他の星座と比べると暗い星が多く、よほど条件のいい時じゃないと見えないだろうが、この星座が元々「さそり座の一部」だと分かっていれば、案外楽に見つけられるかもしれない。

てんびん座の人[編集]

9月23日10月23日生まれの人が該当し、創造属性を持つ。

これまでこの星座は美と愛の女神を守護神としてきたが、最近ではそれに代わって沢○エ○カ以上にお騒がせな悪魔を守護神とする占星術師も出ているようだ。もしそういう考えが世界的に広まれば、この星座は従来の「良識を弁え、平和を求め続けるイケメンキャラ」から一気に「人の悪意を言葉で煽るお騒がせキャラ」に変貌する可能性もなくはないだろう。まぁ、そもそも守護神の概念が無かったとしても天秤座の性格はとんでもないことになっていただろうね。

関連項目[編集]

Black sleep.jpg 私はこの項目「てんびん座」を完全には書いていません
私は文字を書く力がないので誰かdrawしてください。
私はこの項目が良いものであることを望みます。 
誰かこの項目を書くことが出来るでしょうか? (Portal:スタブ)