であthのて

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

であthのて(であつのて)は日本が発明した製品である。

Bouncypotato.gif
この記事「であthのて」は何故か「DEATH NOTE」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Bouncypotato.gif
この記事「であthのて」は何故か「DESU NOTE」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

概要[編集]

であthのてとは、名前を書かれたら死ぬノートである。 21世紀初頭に中国等を除く一部の地域で効力および商標が存在した日本の発明した兵器である。

最大のセールスポイントである名前を書かれると死ぬという点は、コーデル・ハル氏の提出したハルノートに酷似しており、現在アメリカ合衆国から提訴されている。 現在初公判thわれたばかりであるが、製作したヨツバグループの新技術開発室室長、火口卿介氏はこれに対し、「ヨツバの開発したであthのてハルノートとは違い、物理的手段によるものではないため、告訴は不当である。当社はこれに強く抗議する。」と、断固戦う姿勢を示している。

中国の対応[編集]

中国の奥地で不正に生産されたであthのてを使い子供が殺し合いをしたことを受け、中国政府は「であthのて」は日本の文化的および武力的侵略である」と強く抗議し、自国におけるであthのての使用の全面禁止を発表した。しかしながら依然として不正な生産は止む兆しが無く、全面禁止はまさに前途多難であるといえる。

民間による対策と、湯婆婆の功績[編集]

トンネルの向こうで「油屋」を経営する湯婆婆(ゆばーば)氏は、従業員の名前の一部を奪う事によるであthのて対策を考案、特許取得後、早速これを実施した。この噂が広まると、であthのてから逃れたいと思う各界著名人が氏のもとへ殺到した。なかでも最も有名なのがムスカ氏で、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタという名前を変更、であthのての効力の回避に成功した。(ムスカ氏は後にバルスを受け、死去するが、これはであthのてによるものではない。)

その後に湯婆婆氏は、ビジネスパートナーとして、miyocoグループの大株主であり、仙台ライブドアジェンキンスを部分的に所有するジェンキンス・グループを選び、共同で新会社を設立、デスノート回避に尽力した。であthのてを開発したヨツバグループとは敵対関係にある。

湯婆婆氏はこの功績を受け、大勲位菊花大綬章を受章、記者会見において、「このような大変名誉ある勲章を受章でき、嬉しく思う。今後はであthのての恐怖で精神疾患を患った人たちを癒すため、銭湯経営にも力を入れたい」と語り、本業の油屋の事業拡大にも意欲を示した。

氏の功績は吾郎のパパによる映画、「千と千尋の神隠し」の中でも描かれている。

であthのて製作者の逮捕[編集]

警視庁の公安ではこれに際し、製作者でヨツバ社員のO氏を、車内に所持していたアーミーナイフにかこつけ、銃刀法違反の名の下で別件逮捕したものの、であthのての件については家宅捜索をしたにもかかわらず有利な証拠は見つからず、氏は銃刀法違反の罰金刑を除けば無罪放免となった。

これに関しては政・財界に太いパイプを持つヨツバからの圧力によるものという憶測が飛び交っている。

であthのてのライセンス生産[編集]

であthのては日本における大成功を受け、世界的なDVD制作会社、ハリウッドからライセンス生産(通称リメイク)のオファーがあり、これをヨツバが受諾、現在準備が進められている。

関連項目[編集]