とねっ娘

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

とねっ娘(とねっこ)は、スポーツニッポン新聞西部版の運営するインターネットサイト「スポニチとねっ子」のイメージガール。同サイトでは、とねっ娘育成を目的としたブログページ「とねっ娘通信」を開設している。名前は“とねっ子”と“娘”を結合した造語。また、スポーツニッポン新聞西部支社の横を通る「利根川」から取られたという説もある。

なお、初代の頃は“娘”と呼べる年齢を軽く上回っていたため、「とねっ娘」と呼ばれることは無く、名称が定着したのは2代目からである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「とねっ娘」の項目を執筆しています。

概要[編集]

サッカー野球剣道などの記事もあるが、スポーツの中でも特に、競馬関連の記事を主に扱っている(西部版のためもあり、東京優駿有馬記念がほとんど)。

このように競馬関連の記事が密集しているのには理由があり、その最大の理由が「契約を結んでいる桂神四郎が、かつて名調教師して活躍したことがあるため」とされている。

歴代とねっ娘[編集]

松竹芸能と契約を結んでおり、松竹の桂派から選出されている。

  • 初代:桂真奈美(2004年9月-2005年2月)
  • 2代目:桂雪路(2005年3月-2005年9月)
  • 3代目:桂聖奈(2005年9月-2006年5月)
  • 4代目:桂雛菊(2006年5月-2007年2月)
    2代目(桂雪路)の実妹。
  • 5代目:桂言葉(2007年2月-2007年6月)
    初代(桂真奈美)の実娘。
  • 6代目:桂みなも(2007年7月- )
    3代目(桂聖奈)の実妹。

関連人物[編集]

  • 桂神四郎
    松竹桂派の頂点に立つ男。かつて名調教師と呼ばれた人物で、その関係で競馬関連のテレビ番組へ出演、松竹芸能入りとなる。スポーツニッポンで記事を書いた経験もあり、その関係が今回の「とねっ娘」プロジェクトの契約実現となっている。

記者消失事件[編集]

「とねっ娘」ファンの間で通称0代目とねっ娘とされているのが、桂沙羅である。桂沙羅は桂神四郎の孫であり、祖父の書いた記事を読んでスポーツニッポンの記者となる。

スポーツニッポンの記者となって競馬の記事を書き、スポーツニッポンは当初彼女を「とねっ娘」として、松竹とは一切関係無く売り出そうとしていたが、馬に触れ合っていくうちに、名調教師と呼ばれた祖父の血を呼び覚まし、日本初の女性調教師を目指し勝手にアメリカへと飛んでしまう。

「とねっ娘」候補と雑誌記者を失ったスポーツニッポンは、かつて記事を書いてもらっていた桂神四郎に記事を書いてもらい、代わりに松竹芸能からとねっ娘が売り出されることとなる。

競馬熱飛び火事件[編集]

「とねっ娘」の競馬関連の記事は桂神四郎が担当しているが、他のスポーツ担当の記者が休みのときには、神四郎が他のスポーツの記事も担当することがある。

だが、神四郎は競馬以外に興味がなく、ひどい時にはワールドカップの記事にも関わらずワールドカップの記事は3行ですぐに競馬の話になったことがあった。

ファンの間では、これを「競馬熱飛び火事件」や「競馬記事の侵食」と呼んでいる。

関連項目[編集]