ネコあつめ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ねこあつめ」の項目を執筆しています。

ネコあつめ』はHit-Point2014年10月にリリースした、スマホアプリエロゲである。

概要[編集]

プレイヤーはレズのお姉様(タチ)となって(リアルでレズのお姉様である必要は無い)、ステージとなる「家の庭先」にネコを呼ぶためにエサとグッズを用意し、ネコが来るのを待つ。遊びに来たネコは、全裸に近いあられもない格好で一通り遊んだ後、お礼に「にぼし」を置いていくが、プレイヤーはこのにぼしを集めてグッズの収集や庭先の拡張をしていく。基本的にプレイヤーは「あられもない格好をしたネコを眺める」ことしかできないが、中にはガードが固いネコもおり、それをあらゆる手段を使って脱がせる事になる。

その人気の高さから、便乗しての類似のアプリがリリースされているが、完成度はかなり低い。ガチホモ向けに制作したアプリが、何故か腐女子に人気を集めるといった現象も起きている。

評価[編集]

2014年10月のリリース後、翌2015年2月末で100万ダウンロードを突破。同年3月3日放送の日本テレビ踊る!さんま御殿』でゲストの大久保佳代子が、自らレズである事をカミングアウトした上で、「今いちばんハマっているアプリ」と紹介している。

2015年5月時点で、Android・iOS合算400万ダウンロードを達成している。リアルなレズのお姉様がこんなに大勢いるとは思えず、おそらくユーザーの大半は男でキモヲタであると思われる。

キャラクター[編集]

登場するネコは45種類(ver 1.2)。それぞれに色や特徴がある。名前は変更可能。また「せんとうりょく」という数値があるが、あくまで「性格のひとつ」を示す。

下記は特徴のあるレアキャラクター。

まんぞくさん
大食漢。主にグッズではなくエサに寄り付き、庭にある高級な餌を全部たいらげてしまう。好き放題食わせてしまうとデブデブに太ってしまい見るに見られない姿になるので、プレーヤーは餌で釣りつつなおかつ食わせないという、シビアなプレイを要求される。
たてじまさん
阪神タイガースのファンのネコ。全裸の上に法被を着ている。気まぐれに他の球団のファンに転じると法被を脱いで全裸を披露してくれるので、プレーヤーは必死に他球団に興味をひくように努力する事となる。
ぷりんすさん
全裸の上にペルシャ絨毯に身を包んだ、アラブ系の美少女。ムスリムは全裸どころか顔も隠さないといけないはずだ、というツッコミは無しにして欲しい。
ながぐつさん
全裸に長靴を履いただけの、かなりマニアックな格好がそそる。
えきちょうさん
鉄道マニアのネコで、全裸で駅長の帽子のみを被っている。
おさむらいさん
剣豪。他のネコが服を着ていると日本刀で切り裂いてくれるなど、かなりサービス満点。ただし自身の着物を脱がせて全裸にするのはかなり困難。
びすとろさん
コックさん。料理に夢中になっているとコック服を脱いでくれないので、脱がせるのに苦労する。
なべネコさん
土鍋の中に引っ込んでしまう。プレイヤーは土鍋の外に引っ張り出すのに苦労する事になる。
ネコまたさん
猫耳とシッポが2本ある。
やまネコさん
登山の格好をしているため、あらゆるネコの中で一番ガードが固い。
まろまゆさん
公家のいでたちで十二単をまとい、短歌を詠んでいる。これまたガードが高い。
かふぇさん
裸エプロン姿のネコ。


この項目「ねこあつめ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)