はれときどきぶた

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「はれときどきぶた」の項目を執筆しています。

はれときどきぶた(英;Sometimes sunny pig、仏;Cochons parfois gonflés、阿;الخنازير في بعض الأحيان تورم)とは矢玉四郎原作の児童向けの出版物、もしくはそれをオマージュして作られたアニメ、もしくはその作品に登場する架空の天気である。頭が良くてやたら詳しい百科事典とちがってここでは太っ腹な筆者がなんと全部書いてしんぜよう! 我にひれふするのら

概要[編集]

を垂らすと何を書いても現実になるノートを手にいれた主人公畠山則安が意味不明な事を書いて意味不明なことになるという、原作はファンタジーでアニメはギャグセンスたっぷりの作品である。原作とアニメの大きなちがいは豚に名前があり、そのうえペットにまでなっているところである。なお、えんぴつのてんぷらで喉をつまらしたときは消しゴムを食べればいいらしい。

登場人物[編集]

畠山則安 あだ名は十円安。ママは百円高ぐらいになってほしいらしい。自分の名前を漢字で書けないくらいバカ。歌手デビューもしており「デュッデュワ~丸頭」がデビュー曲である。ただし最終話が終わった今新曲は一切出してない。丸頭を崩されると泣く。妄想癖がものすごい強い。

はれぶた 畠山則安の書いた日記によって出てきた。

畠山 安江 座右の銘は「手に職!足にも職!」。

畠山 玉江 通称玉ちゃん。声はキョロちゃんのミッケンと同じ声。2013年版ではついに主役へと躍り出た。

横山よしお お母さんが少し太め。ちなみに筆者のお母さんも、、、。

吉本さん マンガでよくいるタイプのうざい女子。

ワタナベ シンイチ あだ名はナベシン。モデルは監督。

おにぎり山 ナベシンと同じくお父さんと顔が似ている。中の人現ポンコツたぬき

和子先生 超ナルシスト。「私はなぜ、なぜ、こんなに美しいの?」こちらも「絶叫マシーン」という曲で歌手デビューしている。

武蔵小金井くん 机をとんでもないまわり方をする。武蔵小金井とはとくに関係なし。

平賀きみよ 結婚するざましょ!

袖振 マサコ 「べんべろ〜べんべろべべんべろべ~~」(一応ちゃんと話せるよ~)

ゼッコーチョー 和子先生に浮気をしている。パワハラセクハラストーカーを堂々としているが和子先生は気づいてない。

矢玉アナ はじめは名前はなかったが要約すると作者の名前からとった。(ホントはちょっと違うので自分で調べてね♪)

中華マダム福建省 今日も中華なお天気で。

くろぶた はれぶたの宿敵。

町屋のおばさん 世界一入院する頻度が高い人。

声優キャラソング[編集]

完全な児童文学であった原作とはうって変わってアニメ版では20年に一度現れるという伝説のシナリオライター浦沢義雄と監督であるワタナベシンイチ率いる制作陣のおかげで現在のカオスアニメの原型ともお手本ともいえる作品が完成した。はれぶた役のかないみか率いる豪華な声優も特徴である。

キャラソング

キャラソングはCDも発売されておりニコニコ動画などでも見ることができる。どれも大爆笑できる作品である。

「吸うなんて…」

はれぶたのキャラソン。かないみか特有のロリ声で歌っているのでオナニーにはもってこいの作品である。

「デュッデュワ〜丸頭」

畠山則安のキャラソン。南央美が歌っているのでほかの南さんのキャラで想像するとやばい。

「絶叫マシーン」

和子先生のキャラソン。三石琴乃なので月野うさぎ上尾先生のび太のママなどを担当している人である。

カオスアニメとして[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テレビアニメ版はれときどきぶた」の項目を執筆しています。

今でこそカオスアニメは多々あるがおそらくそのブームの原型ともなった作品がこれある。人を飽きさせない中毒性の高いギャグ漫画であるため人気が高い。当初26話(半年)の予定だったが、結局61話で完結している。DVDも出ているがプレミヤがついている。今のカオスアニメがアンサイクロペディアだとするとはれときどきぶたは悪魔の辞典である。