びっくり水

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「差し水」の項目を執筆しています。

びっくり水(―みず)とは、主に麺類調理する際に使用される調味料である。

概要[編集]

麺類をで茹でる際に

  1. よそ見をしていた
  2. テレビを見ていた
  3. 急な来客(おもにセールスマン)の応対をしていた
  4. 人知れず地球平和を守っていた

等の理由で、ゆで汁を吹きこぼした経験のある人は多いだろう。そんなときに頼りになるのが、このびっくり水である。

吹きこぼれそうになったらさっと鍋の中に入れるだけで、それまであれだけあぶくが立っていたのが嘘のように引き、コンロの掃除や、ガスの不完全燃焼によるガス中毒の危険などから遠ざかる事が出来るだろう。

ただし、吹きこぼれる直前にびっくり水を投入しなければいけないため、鍋の前から移動してはいけないので、上記3.及び4.の状況では使えないのが難点である。

成分[編集]

一見するとごく普通の水道水にしか見えないが、実はこの液体は検閲により削除から採取した検閲により削除液であるため、ほのかにかぐわしい香りが漂っており、この香りが食材にも移る事により、より食欲を刺激するという副次効果も持ち合わせている。

具体的な組成は、以下のようになっている。

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

入手法[編集]

料理初心者がまず最初に躓くのが、このびっくり水の調達である(同程度の試練として「落としぶた」の調達が上げられる)。スーパーコンビニエンスストアはおろか、高級食材の卸問屋から薬局に至るまで、およそ食品に関わる業種の全ての店舗を当たっても、びっくり水は置いてないからである。

それもそのはず、びっくり水を入手できるのは公的機関から専業主婦として認められた人間のみで、その主婦本人にしか知覚できない伝達手段で、びっくり水の販売店を知らされるからである。

あなたは、何故母が様々な生活の知恵を有しているか不思議に思った事がないだろうか。それは、他国に攻められても日本文化を忘れないように、歴代の政府が天文学的数字と言われている多額の金銭を投入して連綿と維持してきた、この「主婦限定連絡システム」の賜物である。もしこれが他国に知られるような事(たとえば頭の固い人達のたまり場に掲載される)があったら、日本人及び日本文化というものはあっというまに歴史の彼方に消え去ってしまう為、政府はこのシステムの事を厳重に隠しており、私は大変な危険を伴ってこの文章を書いているのであるが、「正しい情報を知らしめる」という崇高な使命感が私を

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

注意点[編集]

上記のように、日本国内に於いてはびっくり水の流通は厳格に管理されているが、政権が不安定な国では粗悪品のびっくり水が流通している事もあるので、インターネット上の怪しげなサイトでびっくり水が売られていたとしても、手を出さないほうがよいだろう。

また、一部の国に置いては、(主に宗教上の理由から)びっくり水を所持しているだけで逮捕・投獄されるので、海外旅行の際にびっくり水を持ち出すのは、厳に慎むべきだろう。

関連項目[編集]