ふるさと納税

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ふるさと納税(-のうぜい)とは地方自治体が運営する通信販売業である。

概要[編集]

もともとは地方自治体が活性化のために始めたごく普通の通信販売である。地方の特産品を扱っていたがAmazon楽天と言った民間企業に敵うはずがなく、業績は伸び悩んでいた。そこで考えだされたのが自治体であるということを活かした特典を添えることである。その最もたるものが所得税の一部控除であり、ふるさと納税という形で商品を買えば所得税が最大1割控除されるキャンペーンを実施した。これは例を挙げると4万円分の商品を購入すれば4万円分の所得税が控除されるというサービスである。商品は通常の通信販売より割高になったが、この制度の登場で世間に広く知られるようになった。

利用方法[編集]

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」上で商品を購入することが出来る。商品の取り扱いは自治体ごとに異なるので、希望する商品のある自治体に一定額を入金することで商品を選ぶこととなる。入金した額によって取り寄せられる商品が変わってくるので注意が必要である。商品を購入したらふるさと納税を利用したことを証明する書類を税務署に提出し、所得税控除のサービスを受けることになる。

特徴[編集]

所得税の一部控除
他の通信販売と差を付けるために行われた。税金が割引されるという民間企業には絶対に出来ない地方自治体の特性を上手いこと突いたサービスである。ふるさと納税が好評であったため2015年4月から控除限度額が1割から2割に引き上げられた。
自分の“ふるさと”でなくても良い
むしろ全く行く気のない自治体から商品を購入しても何も問題は無い。その自治体の障がい者のことなど一切考慮せずに高級和牛を取り寄せることが可能である。
入金した額に合わせて選べる商品
ふるさと納税利用者の最大の目的。自治体特産の魚介類工芸品などを実質タダで入手することが出来る。あまりの人気ぶりに用意していた在庫が無くなり、4ヶ月待ちの商品も出ている。民間企業とは違うふるさと納税の弱点とも言える。
販売額の一部は福祉施設などへの寄付に充てられる
ふるさと納税の副次的な目的。ふるさと納税で扱われる商品は1万円の入金で3000円の宿泊券がやっとという例も多い。無論これは所得税の控除が魅力的なため成り立つ状況であるが、それでも商品の元値より高い。そのため差額を地方創生などの費用に充てるプランを提示することで商品の購入のハードルを下げた。利用者にとって地方特産品の購入が最大の目的であるとは言え、社会貢献も出来る通信販売である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ふるさと納税」の項目を執筆しています。