ほぼ100円ショップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ほぼ100円ショップ」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ほぼ100円ショップ」は何故か「100円ショップ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ほぼ100円ショップ(-えんしょっぷ)とは、1989年4月ごろから日本列島各地に進出し始めた100円ショップ。100円ショップと謳っていながら100円を少し超える値段で商品を発売するため、ほぼ100円ショップと言われている。赤字になるはずなのに年々事業を拡大したりと謎が極めて多い企業である。

正式名称は「The・ダイタイソー」だったりする。

概要[編集]

日本列島全国に「100円ショップ」は存在しているが、ほとんどの運営元はこの会社。正式名称は誰もが知らないのだが、100円と言っておきながら概ね10数年に1回程度2円ほど値上げするために「ほぼ100円ショップ」という仮名で言われている。

1989年から事業を開始。その後100円ショップの第一号店、「100円ショップ」などを次々と買収。このときは一律103円で販売していた。1997年4月に105円に値上げ。このころには100円ショップと虚偽の内容で宣伝し、名声を得ていた。さらにシェアを得ていきダイソーなどを買収。全国の100円ショップのうち99%をこの企業が占めるなど日本を代表する企業となったのだが、本社の所在地や親会社の業務内容などは一切知る者がおらず、実は海外企業なのではないかという噂も立っているほど。

2014年4月に17年ぶりに値上げ。一律108円となり、2019年10月からは108円と110円のツープライス制に変更された。

なお、100円ショップと言いながら、初期こそ目を瞑っていられるほどの誤差だったが、2019年には最大10円の誤差となる。このことについていろいろうるさい消費者庁は是正勧告を出さない方針でいて、ほぼ100円ショップは官民に認められていることがわかる。

事業規模[編集]

事業規模はかなり大きいものと推測される。よほどの山奥の村でもなければどこかに1つはあり、都会にもなると徒歩10分圏に10店以上ある場合もある。田舎の市や町でも、平均して3店舗はある。しかし、売り上げは総じて100円近くなので、大して儲けられるというわけでもないので、よほどの金持ちが経営しているものとみられる。

発売している商品は日用品が主で食器や子供用玩具(まれに大人用)、文房具なども発売している。しかし、原価も安いために簡単に壊れやすいという難点もあるが、100円だからしょうがないと割り切っている消費者も多い。菓子などは100円で売ると企業側の価格より安く発売していることになり、赤字のはずだが、事業は年々拡大している。

関連項目[編集]


この項目「ほぼ100円ショップ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)