まな板の恋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「まな板の鯉」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

まな板の恋 (まないたのこい) とは、捌かれるのを待つだけの受け身の

概要[編集]

元来まな板とは上部に何かを乗せて包丁などの刃物で対象を切断するために利用される板の事であるが、まな板が乗せられたものに対して恋をしたところで何もできない。まな板は上の乗った肉や魚が煮るなり焼かれるなりするのを止める事ができないため、対象に何もできない様を転じて『まな板の恋』と呼ぶようになった。一般的には「まな板の鯉」と誤用されているが、これは散々絶食により溜めこんだ土を吐かされた挙句にまな板の上で捌かれる鯉に対してただ乗せる事しかできない様子と『鯉に恋』というダジャレをかけたものである。極々稀にまな板の上であまり反応しない事から「まな板のマグロ」ともされるが、これは一般家庭でマグロを捌く機会が極端に少ないため使用されることは滅多にない。

使用法[編集]