みにくいアヒルの子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「もっと自分をさらけ出せ!!」
みにくいアヒルの子 について、オスカー・ワイルド
「はずかしがってちゃ、ダメピプ~♪」
みにくいアヒルの子 について、金田哲

みにくいアヒルの子(あひる-こ)とは、デンマークの詩人が原作した童話の一つである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「みにくいアヒルの子」の項目を執筆しています。

あらすじ[編集]

湖の畔に住むアヒルの群の中で生まれたひな鳥の中に一匹だけ極度の恥ずかしがり屋のアヒルがいた。他のアヒルの子が話しかけるだけで逃げ出すほどの極度の恥ずかしがり屋であり、いつも端っこの方でうずくまっていた。ある日、湖を訪れた人間たちはアヒルを見て心を癒しに来るが、一匹だけ見にくいアヒルを見つけて「もっと真ん中に来いよ」。と誘う。周りのアヒルも誘い出して、仲間と共に湖の真ん中に踊り出す。

楽しく踊り明かしたアヒルは、いつの間にか恥ずかしがり屋の性分を克服していた。

童話のエピソード[編集]

この童話の著者自身が極度の恥ずかしがり屋で、主人公に自分を投影し、もっと自分をさらけ出して、胸をはって生きていけというメッセージを込めてこの童話を創作したとされている。[要出典]しかし、世間に発表することを躊躇していた矢先、同名の童話「醜いアヒルの子」が発表されてしまい、名声を得ることはなかった。死後に著者の息子が発表し、世間に知られるようになるも、先に出ていた童話より有名になることはなかった。 しかし、この童話を読んだあとに「自分に自信を持とうと思えるようになった」と読書感想文に書き記す小学生も多く、この童話は多くの人に愛されていることが伺える。

一方で、この図書に影響された小学生が、何を勘違いしたのか、全裸で登校し、陰部をさらけ出して裸踊りをしたという事件が起こり、子供に「恥」の観念を忘れさせ、悪影響を与える懸念があるとして、有害図書に指定すべきであるという指摘もある。

関連項目[編集]

この項目「みにくいアヒルの子」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)