みのもんたアレルギー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「みのもんたアレルギー」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

みのもんたアレルギーとは、みのもんたという名のを見るだけで嫌悪感、寒気、吐気、湿疹、眩暈、失神などを起こすアレルギーの一種である。このアレルギーでみのもんたは芸能界と言われる原因となっている。

症状と原因[編集]

mixiにもみのもんたアレルギーに悩む患者は多い。

上に書いた通り、様々な症状が起きる。原因は今のところ確実なことはわかっていないが、アレルギーは免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう(ウィキペディアより)らしいので、何かしらの免疫反応が過剰に起きていることは間違いない。

又、患者には理系方面の人や、アニメ・ゲームをこよなく愛する人が多く含まれているという情報があるが、何かしらの関連性が疑われている。

みんもんたアレルギーかどうかを判断する方法[編集]

ここまで読んできて貴方(貴女)がこうなっている場合は相当重症である。

まずは「みのもんた」という言葉に過剰に判断するかどうか。ここまで来るのに何回かみのもんたという言葉が出てきているが、見るたびに発狂したり失神したりキーボードクラッシャーに化しているならば相当重症である。今すぐにでも精神科を受診することをお勧めするが、病気気にしなければ何も問題無いため、別に放置して問題無い(ただし暴れた結果、他人へ害を及ぼすと黄色い救急車によって強制的に連れて行かれる可能性がある)。

ここまでむしゃくしゃしていてもとりあえず読めた貴方(貴女)は、次に検索サイトで「みのもんた」の画像を探すといいだろう。(例。)この場合、画像を見てイラついたり嫌悪感を抱いたり失神した場合は、上ほどではないが重症である。

最後に、みのもんたが登場するテレビ番組を見るとよい。「午後は○○おもいッきりテレビ」や「みのもんた朝ズバッ!」といったみのもんたがメインと思われる番組が特によい。頻繁にみのもんたを見ることになるため、より症状が出やすくなる。この場合も嫌悪感や吐気を催した場合はアレルギー確定であるが、そこまで重症ではない。

自身が鉄道ファンならば長良川鉄道にはぜひ一度乗車してみたいと思うことだろうが、美濃文田駅に魅力を感じなかったとしたら、やはりアレルギーの可能性が高い。

生活への影響[編集]

みのもんたが出演する番組を見れなくなるため、アレルギーでない人からは変な目で見られる場合が多い。またおばちゃんにはファンも多いため、しばしば喧嘩、確執の原因となる(息子が母親や祖母を殺害した動機に「みのもんたを支持していて耐えられなかった」というのも多い)。

又、みのもんたを出演させた放送会社に電話をかけて怒鳴り散らしたりするなどクレーマーと化す場合もあり、対応者は苦労する結果となる。

政府の対応[編集]

政府も対応に乗り出したいところだが、放送会社にみのもんたに背ける人が殆どいないため、対策は何もできないでいる。おばちゃんにファンが多いのも、何も出来ない原因の一つである。結果的にアレルギー症状を起こす患者は年々増加している。

最近の動向[編集]

最近では患者数がかなり増えたためみのもんた支持者が低下しており、その流れで今まで不動のファン層と言われていた高齢者の人気にもかげりが見え始めている。そのため、みのもんたがテレビ出演する回数は少しずつ低下しており、いずれはみのもんた自身が放送界から姿を消すことでみのもんたアレルギーは撲滅されるものと思われる。

又、最もみのもんたアレルギーを発症しやすいとされる「みのもんたの朝ズバッ!」ではみのもんたが自身のどうしようもない意見を垂れ流すことでその場の空気を崩壊させることも多く、芸能人などにもみのもんたアレルギーを発症する人が出てきているようである。

そして2013年にみのもんたの愛するバカ息子がやらかしたおかげで各メディアも上記のような鬱憤を晴らすかのようにみのに総攻撃を仕掛け、その結果みのは田舎への差別と偏見を助長することに定評のあるバラエティ番組以外はテレビに出演できなくなったことで今後患者数は激減するものと思われる。

その他[編集]

  • 過去にブロッコリー (企業)の株券を投げつけるという厨房以下な行動を取ったり、犯人っぽい人を犯人と決め付けるなどの行動をするたびに発症者が激増するようであり、関係者は火消しに必死なようである。
  • みのもんたは「ニュース番組に最も不適切な男」というのが関係者の評価であるが、東京放送亀田大毅事件のおかげで視聴率が軒並み低迷しており、少しでも視聴率を上げるためみのもんたをニュースな番組に使って少しでも視聴率を上げようと必死である。しかしみのもんたアレルギー患者を増加させ、視聴率を余計に低下させる原因となっていることに全く気付いていない。
  • 2005年NHK紅白歌合戦でみのもんたは総合司会を務めたが、コメントがまったく受けなかった上に彼のせいで進行が遅れるという事態に陥った。そのため総合司会でありながらディレクターに邪険に扱われ、終盤ではほとんどなにもできなくなってしまった。以後みのもんたは紅白歌合戦アレルギーとなっている。翌正月早々、みのもんたアレルギーの患者がほくそ笑んだのは言うまでもない

関連項目[編集]

おそれいりますがこのままちょっとお待ちください.jpg この番組「みのもんたアレルギー」はまだパイロット版です。
実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)