ゆずすこ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ゆずすこ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

ゆずすこ(柚子酢胡、YUZUSCO)は、タバスコ二番煎じなどではない。決して。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「柚子胡椒」の項目を執筆しています。

九州の誇るソウルスパイス、柚子胡椒(ゆずこしょう)。気品ある瀟洒な香りで名高い[不要出典]九州は宮崎県東米良産の柚子と、激烈な辛味がまさに九州男児の心意気を体現しているかのような九州の胡椒トウガラシのことを、方言でこう呼ぶ)。絶妙なバランスで組み合わされた両者によって奏でられる味のハーモニーはまさに激辛OF激辛、世界に冠たる香辛料王様と呼ぶに相応しい[不要出典]逸品……なのであるが、いかんせん知名度が低い上に作るのが面倒というハンディキャップを負っているため、その地位はいまいちなものであった。

そこで考案されたのが柚子胡椒の液体化である。小瓶に詰めればいつでもどこでもあの魔法の薬をどんな料理にも振りかけることが可能[1]となり、世界中の誰もがこの味覚の虜となること間違いない。そう期待をかけて開発されたのが、このゆずすこである。

レシピ[編集]

柚子と胡椒のハーモニー。

かくして苦心惨憺の末に開発されたゆずすこのレシピは門外不出と言うことになってはいるが、しょせんは柚子胡椒にを加えて醗酵させただけのものであるため、必要な食材は

  1. 柚子の皮 - 適量
  2. お酢 - 適量
  3. 胡椒(トウガラシ) - 適量

だけという、いたってシンプルなものである。ちなみに、各項目に記載されている「適量」がどれほどの量なのかについては、さすがにお察し下さい

類似品[編集]

繰り返しになるが、ゆずすこは柚子とお酢と胡椒の組み合わせから独自に開発された夢の新感覚調味料なのである。発音が似ているからと言って、決してタバスコなどというただ真っ赤なだけの無粋な液体などと混同してはならないし、まかり間違ってもタバスコのパクリだなどと言ってはならない。その発言はおそらく全ての九州人をに回すトリガー[不要出典]であり、まさしく死亡フラグに他ならない。ゆずすこがタバスコのパクリなのではなく、タバスコこそがゆずすこのパクリなのである。たとえ時系列が間違っていると思っても、生きて帰りたいのであればそう信じるべきである。

脚注[編集]

  1. ^ さすがにレストランなどでは自重すべき……かと思いきや、店員も既にゆずすこの虜となっている(ただし九州人に限る)ため、むしろ打ち解けるいい機会である。もしかしたら気分よくサービスしてくれるかも知れない。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]