出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

(あ、英:A)とは日本語におけるカタカナの一つ目の文字である。ただしあああああああああ!を構成する際に必要不可欠な言葉はである。

概要[編集]

カタカナの五十音順で一番はじめにあり、いろは順では存在しない(いろはにはひらがなしかないため)文字。アンサイクロペディアではとても重要な文字である(後述)ためメインページでは「アンサイクロペディアにようこそ!」の最初の「ア」が大きな文字になっている。分解すると「フ」と「ノ」になるため縦書きでは「アオーラ」と書いて「フノオーラ(負のオーラ)」というように使うことができる。形の似た字に「ヤ」「マ」「ヌ」「ス」「フ」「了」等があるが、これらを混同するとかなり大変なことになるので気をつけなければいけない。

形の似た字の混同によって以下のような大変な事態が起こる。誤解を生む可能性があるので細心の注意を払わなければならない。

  • 例1:の「ア」を「マ」と間違えて「マ○コモンズ」
  • 例2:オニヤンマの「ヤ」を「ア」と間違えて「オニアンマ」

アンサイクロペディアとウィキペディアにおける「ア」[編集]

アンサイクロペディア」という文字列を構成する際に二回も必要とされるきわめて重要な文字である。「ア」がないと「ンサイクロペディ」という何のことだか分からないものになってしまう。また、始まりと終わりの両方に使われているため、と共に終わりと始まりが同一のものであるということを示してきた。一方「ウィキペディア」においては一回しか使わずそれほど重要ではない上に、最後の文字なのでウィキペディアの終わりを意味する不吉な文字として扱われている。

このことを踏まえると、アンサイクロペディアでは「ア」を大事にし、またウィキペディアに対して「ア」の攻撃をすることでアンサイクロペディアの繁栄とウィキペディアの衰退を願うことができる、ということが分かる。

逆に「ウィキペディア」に二回出てくる小さい「ィ」はどうなんだ、という意見がある。たしかに「アンサイクロペディア」には小さい「ィ」は一つしかないが大きい「イ」が存在しているため、やはりアンサイクロペディアはウィキペディアに勝っているということになる。

アがなくなると[編集]

「ア」がなくなってしまうとさまざまなものを表記できなくなってしまう。以下に「ア」を抜いた文章を挙げるのでいかに大切かを確かめてほしい。

今朝良いイディを思いついたのでンサイクロペディを編集しようとしたが、サーバーがおかしくなったのかクセスすることができなくなっていた。仕方なくテレビを見たら、クイズ番組が山場を向かえ「フイナルンサー?」という言葉が連呼されている。チャンネルを変えたらピノコンサートの様子が放送されていた。

「ア」がないといかに分かりにくいかがわかっただろうか?(普通の文章ですまない。)ここには元の文章はのせないので三日三晩寝ながら考えてほしい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)