アイカツ!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アイカツ!」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「アイカツ!」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アイカツ!」の記事を執筆しています。

アイカツ!』とは、女児向けコンテンツの体裁を取った成人男性向け集金コンテンツである。

概要[編集]

21世紀における二次元オタク向けアイドルコンテンツの潮流を作ったと言えるのは、2005年に開始した『アイドルマスター』シリーズだと言われている[要出典]。これは三次元のアイドルコンテンツがバブル崩壊後の不況により[1]開店休業状態に陥ってから10年を経て、芸能界にアイドルが戻ってきた事をきっかけに企画されたもので、色とりどりのアイドルがゲームを中心に活動するのを「P」と呼ばれる傍観者となって楽しむものである。またコンテンツそれぞれに細かく課金を設定する事で、アイドルのパトロン気分を疑似体験できると言う効果もある。ドガの「エトワール または舞台の踊り子」を例に出すまでもなく、中世では舞台上の「アイドル[2]」と「娼婦」はほぼ同義語[3]であり、それに金をかけて支援するのは男の甲斐性だったのである。その雰囲気を擬似的かつ合法的に味わえるコンテンツとして、普段異性と接する機会の無い男性ユーザーから強い指示を受けた。

しかしAKB48など三次元アイドルにも同様の課金システムが用いられるようになると、パイの奪い合いが発生しコンテンツとしての二次元アイドルは少しずつ勢力を奪われていった。そんな中で、一旦オタク受けを離れて往年の女児向けアイドルコンテンツへ回帰することで結果的に「女児好きの成年男性」を取り込もうと言う企画が生まれた。それこそが『アイカツ!』である。

内容[編集]

ユーザー同士が対立する様子。

女児向けアイドルコンテンツは1980年代に、それより前に流行った魔法少女コンテンツからの分派として生まれた[4]。アイカツはそれらの流れをなぞりつつ現代的にリテーマした形になっており、主人公が周囲と共にアイドルとして切磋琢磨し成長していく物語が主軸となり、明確な敵役や勝敗が存在しない。これは女児が入り込みやすいよう、不快感を煽るような描写を避けるためである[5]。またコーデチェンジの演出は魔法少女コンテンツの方式を取り入れているのも特徴である。

こういった要素に惹き付けられた女児を目当てに集まってきた成年男性及び一部の成年女性も、80年代の空気を纏うコンテンツ自体に興味を示しお金を落としていくようになった。それを見込んで想定課金額は高めになっており、更に定期的なテコ入れや最適化を進めることで安定して集金できるように設定されている。それもあって資金に余裕のあるアイカツおじさん/おばさんが女児に一緒に遊ぶ代わりに購入協力を持ちかけたり、逆にアイカツ歴の長い女児[6]が初心者のアイカツおじさん/おばさんにルールやマナーを教える代わりに資金を融通してもらう光景がよく見られている[要出典]。このようなアイカツを中心に出来た世代をこえる関係性は、アイドルコンテンツの常識を越え様々なジャンルへと派生していったのである。しかしそれはコンテンツフリーク同士の対立も生んでおり、特に多くの要素が被る『プリパラ』を愛好する層とは根深い争いとなっている[7]。なお大人同士の争いは勝敗に関わらず大きな金が動くため、メーカーとしても集金効率向上の為あえてコーデやキャラデザを意識しあっている部分も強いと言われている。

脚注[編集]

  1. ^ とかくオタク向け商法は初期投資が大きく、不況下では敬遠されていた。
  2. ^ 当時はそのように呼ばれていなかった。
  3. ^ 現代でも。若いアイドルをそういった目的で貸し出して仕事を得る芸能事務所が存在する[要出典]
  4. ^ 『魔法の天使クリーミィマミ』や『アイドル伝説えり子』など、女児たちの憧れの存在としてアイドルを主人公としたものである。
  5. ^ ただし続編の『アイカツスターズ!』では勝負色が強まっていた。
  6. ^ 通称を「幼女先輩」。
  7. ^ ただし争っているのは主に上の世代で、女児同士が喧嘩するケースはほとんど見られない。

関連項目[編集]


Takagi.gif あー、そこでこっちを見ている君! そう君だよ、君! まあ、こっちへ来なさい。
ほう、何といい面構えだ。ピーンと来た! 君のような人材を求めていたんだ!
我が社は今、「アイカツ!」を秀逸な記事へと導く、執筆者を募集中だ。
ま、詳しくは入社してからと言う事で、まずは加筆を始めてくれたまえ
……あ、おーい、どこへ行くんだね? 我が「アイカツ!」は、いつでも君を待っているぞ~!! (Portal:スタブ)