アイク (笑)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アイク(笑)とは、大乱闘スマッシュブラザーズXにて発見された新種の病気のことである。

概要[編集]

スマブラにてアイクを使用すると、異常にぶっ飛ぶ横スマッシュと、無敵アーマー付きの天・空!に病みつきになってしまい、その二つ以外の技を全く使えなくなってしまう感染症である。主に中二病患者によく見られる。

何の問題もなさそうな病気に見えるが、その横スマの鈍重ぶりと頭の悪い戦略性でタイマンでは全く勝てなくなってしまう恐ろしい病気である。

さらに恐ろしいことは発症している人物のほとんどが無自覚な上にそれが最強と思い込んでいるところであり、その上口コミなどで簡単にうつってしまう。2ちゃんねるで専用のスレッドが立てられているところから、いかにこの病気が恐ろしいのかが伺えるだろう。

感染したものの行動[編集]

普通にアイクを使っている人物と、アイク(笑)に感染してしまった患者の違いをいくつか挙げる。

  • 「天・空!」と連呼しながら狂ったかのように飛び跳ねまくる。
時々、崖際で上記の行動を5回繰り返したあと、まっ逆さまに落下していく珍種も存在する。
彼らには必ずの6回目は落ちなければいけないと暗黙のいうルールが存在するようだ。
  • 体を黄色く点滅させたあと、ソニックがシャトルループを156回回れるほど遅い横スマッシュを連打する。

患者1人1人に細かな違いはあるが、大概感染した患者は以上のような特徴を持っている。

出会ってしまった際の対処方法[編集]

  • ソニックなど素早いキャラで戦う。
  • エディットステージで真ん中に穴が開いたステージを作りそこで戦いあえてスマッシュボールをとらせる
  • クッパで道連れにする。
  • 感染していない本物のアイクを見せてやる。「病人に手加減するほど俺は甘くはない・・」
  • 星刻になんとかしてもらう。「見切った!」
  • PKファイヤーで遠くからコンガリ。
  • 患者を除く皆でグループから抜ける。
  • ルルーシュに会いに行く。
  • 機器のコンセントを抜く。
  • ゴリラ化する。
  • MUSASHIの影分身、メタナイトのディメンジョンマントを使い馬鹿にする。「甘い。」「甘いなっ。」

自分が感染してしまいそうになった場合[編集]

  • 横スマッシュを封印する。
  • 青銅の剣で戦う。
  • 天・空!を封印する。復帰?ガノンに抱きついてもらえばもう1回ジャンプできるよ(→B打ったりもしてみな)。
  • 忍空も封印する。
  • 恋空ももちろん封印。
  • ほかのパワー系ファイターのことを思い出す。ペンギンは似たようなキャラだから却下。
  • ルルーシュのことを思い出す
  • 機器のコントローラーもしくはコンセントを窓の外へ投げ捨てる。
  • 上記全てをやってみてもダメな場合、自宅の窓から天・空!する。大丈夫。鯉の中似たようなことをした人がいるけど飛んでも生きてたから。
  • エタルドを自ら喰らいに行く。つまりしっこくハウスにいく。

関連項目[編集]