アセクサイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アセクサイとは、サイの一種。学名 Rhinoceros sudoromalodor

概要[編集]

大後悔時代アフリカ南西部に存在していた民族国家、アセク(Aseku)周辺で発見されたためこの名がある。

当時アセクに駐留していたスペイン宣教師ホーカリ・スウェット(Jocari Suetto)が残した日記(出典:民明書房1984年「-アフリカ深奥日記- あなた、アサクライノ」)によれば、その姿はサイとカバの中間であり、鼻先の角が前方に反っている事が特徴である。鎧上になった表皮の継ぎ目部分に汗腺が集中しており、そこから独特の臭気のある分泌物を出す。

その分泌物はそのままでは大変臭く、すえた臭いを発するが水で100倍程度に薄めた場合、えも言われぬ芳香となり、当時のヨーロッパ貴族の子女はこぞってこのアセクサイを求めた。そのため乱獲が進み19世紀末までに絶滅してしまったとされる。ただし、不確実ながら目撃例も報告されており、ごく少数ながら生息しているのではないかとも言われ、より大規模な調査が待たれる。

その後[編集]

アセクサイの臭気は香料として研究されてきたが、その原料の枯渇により研究は途絶えた。オランダ経由で日本に持ち込まれたいくつかの試料が日本にも存在するとされる。

洋の東西を問わず独特のすえたような臭いに陶酔感を覚える特殊な嗅覚嗜好をもつ者が少数ながら存在しており、そういう人々によって珍重されているともされる。一方で、他の香水と同様、その香りに不快感を覚える人との間に軋轢が絶えず、しばしば「アセクサイ(の臭いは嫌な)んだよ!」との罵声が聞かれることとなる。

代用品[編集]

上記のように、天然のアセクサイ香料は枯渇したが、その代用品については古くから製造方法が発見されていた。このため、特に中流階級の子女によってこの代用品が香水として使用されて来た。その最も古い記録は18世紀にさかのぼる。

この人工香料は明治時代に日本に持ち込まれ、高価な天然のアセクサイ香料(当時はアセクサイはまだ完全には絶滅していなかった)の代用品として一部に流行したが、爆発的な流行とまでは行かなかった。

アセクサイが絶滅するのは20世紀前半であるが、代用品の研究はそれより前から進んでいる。しかし、「本物には勝てない」とする評価は消えなかった。より優れた人工香料の研究は現在でも進んでいるが、「本物」が手に入らなくなった現在、研究自体が難航しているのも事実である。

このような背景があるにもかかわらず、人工のアセクサイ香料は一定の売り上げを見せ、特にA系ファッションなどで好んで使用される。もちろん、その愛好者が多数のジャンルに広がっているが、その数が限られているのも確かである。

関連項目[編集]

この項目「アセクサイ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)