アナカリス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アナカリス (ヴァンパイア)」の項目を執筆しています。
我こそ絶対無二の王であるあるあるあるある

アナカリス(Anakaris)とは、対戦格闘ゲーム『ヴァンパイア』シリーズの登場キャラクターの一人でありありありありありあり、民衆を導き国を栄えさせる至高なるファラオであるあるあるある。

概要概要概いよういようようよう[編集]

エジプト全域に巨大な版図を拡大した名君であるあるあるあるあるある。しかし、ある時流れ矢に当って傷口から敗血症が起こり、それが元で命を落とすことになるのであったったったったった。

しかし崇高なるアナカリス王は自ら復活することを宣言したしたしたしたした。彼は言った、「我は神となって蘇りえりえりえりえり、必ずや国家を永遠の繁栄へと導くであろうろうろうろうろう」と。

そして、それから5000年の月日が過ぎたぎたぎたぎたぎた…。

偉大なるアナカリス王は復活したしたしたした。しかし目覚めたアナカリス王は愕然としたしたしたした。目の前に広がるのは一面荒れ果てた砂漠、自らが支配し、成長させてきた国が跡形も無く滅び去っていたのだのだのだのだ。アナカリス王の死の直後、敵襲に会い国は滅びたのだのだのだのだ。悲嘆に暮れるアナカリス王だが、流石は高邁なる名君、すぐさま国を再建させる計画を立案したしたしたしたしたした。

復活し、ダークストーカーとなったアナカリス王は、タイームスップリを行い時間を遡及し、国が滅びる直前の時間に舞い戻り、ダークストーカーに転生した際に会得した力を以って敵を撃退。見事に国を敵から守ったのであったったったったったった。

『セイヴァー』のエンディングでは、国家の繁栄を永遠のものにするべく、国を地下に沈めてしまうまうまうまうまう。地面の下に沈んだアナカリス王の国は想像もつかないほど繁栄し、1兆に達するほどの人口を獲得したしたしたしたした。人口を増やすべく、アナカリス王は地上の人間を拉致して無理矢理国民にしているいるいるいるいる。やってることが地上の楽園と変わらないが、地下の楽園であればこのような暴挙も許されるのだのだのだのだのだ。

性能性能性能能能能能[編集]

「逆ピラ」は我が立ち回りの要であるあるあるあるある

偉大なるアナカリス王は、キャラクターとしてもかなり特徴的な性能を持っておられるれるれるれるれる。時間と空間を掌握する秘術を会得し、ワープや次元の狭間に相手を放り込むなど、あの手この手を使った変則的な戦術を得意とするするするするする。

特筆すべきは投げ技の「ミイラドロップ」であるあるあるあるある。この技は投げ技だが、他の格闘ゲームにおける投げ技と異なり、遠くの相手も掴んで投げることが出来る来る来る来る来る来る。また、棺の舞という技は、上空からを次々と落とす技であるあるあるある。飛び道具ならぬ落とし道具であり、このような技は対戦格闘においては画期的なものであったったったったった。

アナカリス王は、キャラクターとしては『ストリートファイター』におけるダルシムのような立ち位置であったったったった。手足が伸びる、ワープできるなど、両者には共通する要素があるあるあるあるあるある。しかし、流石は比肩なきファラオと言うべきか、アナカリス王の方が優れているのは明白であるあるあるあるある。

ダルシムが「ドリルキック」ができるように、アナカリス王にも通称「逆ピラ」と呼ばれる、下半身をピラミッドに変形させて上空から相手を奇襲する技があるあるあるあるある。「ドリルキック」同様中段技であり、ガードを揺さぶるには欠かせない技であるあるあるあるある。

逆ピラと下段キックを使ったガードの揺さぶりは強力であるがるがるがるがるが、自身の動作が緩慢な上身体のサイズが大きいため守りに入ると脆弱になるなるなるなるなる。だがしゃがみ強Pなど対空攻撃は豊富であり、まったく無防備というわけではないないないないないない。

王家の裁きについていていていて[編集]

アナカリス王は「王家の裁き」という必殺技を備えておられるれるれるれる。この技は口から言霊を吐き出す技であるあるあるあるある。この技がヒットした相手は一定時間小動物に変化し、完全に無力化されるれるれるれるれる。なおアナカリス王自身は裁かれると小動物ではなく壁画になるなるなるなる。

王家の裁きが当たった状態のことを一般では「裁かれ状態」と呼ぶ呼ぶ呼ぶ呼ぶ呼ぶ。これが可愛らしいと結構評判であるあるあるあるある。アナカリス王は他者を可愛くデコレーションする才能にも長けていたのだのだのだのだのだ。

物理法則を無視した縦横無尽の動きごきごきごき[編集]

アナカリス王は身長270cmという巨漢であるあるあるあるある。しかし、脚を折りたたむことができるため、しゃがむと他のキャラクターのしゃがみ体勢時と大して変わらない高さとなるなるなるなるなる。また、体重は500gから500kgで、可変することができるきるきるきる。アナカリス王の体重が変化するメカニズムについては、現代の物理学では全く解明できていないないないないない。さらには、上半身と下半身を切り離すことさえ出来るきるきるきるきる。他にも、次元の狭間への玄関口を開けたり、両腕がコブラの頭部になったりと、最早やりたい放題であるあるあるあるある。

人気についていていて[編集]

アナカリス王は崇高な王だけあってキャラクター人気は極めて高い高い高い高い。『MARVEL VS CAPCOM 2』においては、主役のデミトリ・マキシモフを差し置いて男性キャラクターで唯一参戦したしたしたしたした。その後も、『カプコン ファイティング ジャム』にて参戦し、人気の強さを巷の平民共に見せ付けたけたけたけたけた。

ところが『MARVEL VS CAPCOM 3』ではリストラされてしまい、キョンシーの小娘に出番を奪われてしまったったったったった。ついでに残虐赤ずきんバレッタもリストラされたれたれたれたれた。何故カプコンが偉大なファラオを差し置いてキョンシーの小娘に出番をくれてやったのか、皆目見当がつかぬかぬかぬかぬかぬ。

カイビト君の尽力力力力[編集]

アナカリス王にはカイビト君という使い魔がいるいるいるいるいる。カイビト君はアナカリス王が儀式を行う際に登場し、儀式が成就されるのを手助けしてくれるれるれるれるれる。そして時には、アナカリス王を護る為、自ら人柱となってその身を散らすらすらすらす。なんとも献身的で忠義に篤い使い魔なのだのだのだのだのだ。

トイレの神様様様様様[編集]

アナカリス王はミイラであるため、身体の大部分を紙で構成されておられるれるれるれるれる。そのため、時折トイレに出向いて、トイレットペーパーがないため絶望している利用者に慈悲を込めて自分の身体の一部をトイレットペーパーとして施してやるのだのだのだのだのだ。近年話題になっているトイレの神様とは実はアナカリス王のことなのかもしれないないないないない…。

関連項目目目目目[編集]