アベノミス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「アベノミス」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

アベノミス(安倍のミス)とは、安倍晋三によって新たに提案された経済政策・アベノミクスが辿るとされている末路、及びそれを示す論であり、主に各地における自民党アンチのネット左翼によって提唱されている。

概要[編集]

アベノミクスとは、「3本の矢」と呼称される3種類の経済政策を同時に行うことによって日本の経済改革を図るものである。なお、レーガノミクスのパクリとかではない。しかし、ネット左翼たちは「一本ずつでは弱い矢を三本にしたところで弱いことには変わりがない」などと意味が分からないことを口走りながら暴れている。

その理由であるとして考えられるものの中で最も有力な説にはこのようなものがある。ネット左翼の多くを占める人々が住んでいる国では、過去5年間で実質的な通貨価値が大幅に下落しており、経済面では日本に大部分を依存しなければいられない状況にあると言われている。もしこの経済政策が成功を収めた場合、日本の景気が良くなって円安になり、日本に対する輸出が以前よりも鈍化することが懸念されており、日本の経済製作に追随することが出来ない限り、自国の景気が更なる悪化を見せることとなるのである。最悪の場合は、国の経済が崩壊する。これが、アベノミクスにおける最悪のシナリオである。

僅かではあるが日本でもアベノミクスに対する不安は湧き上がっている。その原因として、アベノミクスの一環として反成長戦略が実行されたため、政権途中に18,000円を超えた株価を、百年に一度の経済危機の前に、早くも12,000円にすることに成功した例がある。

関連項目[編集]