アマゾネス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「アマゾネス」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アマゾネス」の記事を執筆しています。

アマゾネスとは、インターネット通信販売依存症の女性を指すインターネットスラングの一種である。

概要[編集]

インターネット通信販売最大手であるAmazonは、「ブラジャーからミサイルまで」どころか駄菓子から戦闘機まで社会のほとんどの商品を購入可能な幅広い展開をウリとし、そこに後発のインターネット通信販売サイトが追随する形で大きなウェブ市場を生成することになった。それによる恩恵は計り知れないが、反面大きな問題も生んでしまった。全ての買い物がPC一つで済むようになることで、そこにベッタリと依存してしまうユーザーが続出したのである。特に買い物依存性の高まりやすい女性にその傾向が強く[1]、そこからインターネット通信販売依存症ユーザーを俗に「アマゾネス(Amazon-ness、「アマゾンにいる女」の意)」と呼称するようになったとされている。

一般の買い物依存症との違い[編集]

一般的な買い物依存症は「とにかく買い物に出掛けたい」「不要でもとにかく何か買わないとイライラする」という動的な症状がステロタイプだが、アマゾネスの場合はベクトルが逆になる。食品や雑貨もなにもかも画面の中で済む為、外出するなど能動的に行動することが億劫になっていき、常にインターネット通信販売サイトに張り付いてタイムセールやマーケットプレイスを監視するだけで一日が終わるようになる。会うのは配達員だけ、挨拶もせず無言で受け取り伝票に判を着く生活が続くと情緒的な生産性が失われ人間性にも影響していく。

また一般的な買い物依存症は金銭的な理由から解決する事も多いが[2]、インターネット通信販売の場合は自分からの出店も容易であるため「不要品を転売し、また購入する」という形で循環してしまい、金銭的な理由からの解決は望みにくい。サイズが変わってしまった服や不要な雑貨類の転売だけでなくWebカメラを使った仮想売春など様々な手法でサイト内での収入を得られる環境が、外部の目からアマゾネスの実態を覆い隠してしまうのである。

脚注[編集]

  1. ^ 過度なストレスや生理中のメンタルアンコントロールにより、無駄な買い物や万引きをしてしまう病的買い物依存は1970年代以降数奥報告されている。
  2. ^ ただし、拗れると上記のように万引きや強盗に発展することもある。ストレスを抱えた末期買い物依存症の主婦が万引きに走る例も、多数報告されている。

関連項目[編集]