アメリシウム (ネオ元素)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
USA Department of Defence Seal.jpg
USA Department of Defence building.jpg
米国国防総省認可
本項の文章と内容は完全にアメリカに都合の良い正しい事実として合衆国議会において可決されました。疑う者はアメリカの世界の敵であり、テロリストとして陸海空軍をもって世界中を捜索します。
3647134123.jpg
Danger! You'll be American!!!
長時間かけて読まれますと、思考回路がアメリカ人化してしまいます。


アメリシウム(Americium)とは地球(アース)にもネオ地球(ネオアース)にも存在する元素(エレメント)である。しかし、アースでは安定同位体(ステイブルアイソトープ)が存在(イグジスト)しない。一方ネオアースでは安定同位体がイグジストし、本項ではネオアースにおけるアメリシウムを解説(エクスプレイン)する。

Obesity.GIF 一般特性
名称, 記号, 番号 アメリシウム, Am, 29(ネオ地球)
分類 アメリカ
族, 周期, ブロック 第11族元素, 第4周期元素 , アメリカブロック元素
密度, 硬度 ??? kg•m−3, no data
単体の アメリカ
アメリシウム
原子特性
原子量  [テストに出るよ!] amu
原子半径 [テストに出るよ!] pm
アメリシウムを多量に摂取した白人
長崎に落とされたファットマン

特性(キャラクタリスティック)[編集]

アメリシウムの特徴(キャラクタリスティック)として挙げられるのは、摂取(インテイク)することでアメリカ人化することである。インテイクされたアメリシウムは中枢神経系(セントラルナーバスシステム)に干渉(インターヴィン)し、大脳皮質(セレブラルコーテクス)におけるシグナル分子(リガンド)の分泌に影響をあたえる。これにより、細胞膜上の受容体(レセプター)は通常(ノーマル)と異なる刺激(アブノーマルシグナル)を感知(レセプト)することになる。この過程(プロセス)を通して、思考回路(ソートサーキット)がアメリカ人と化すのである。具体的(コンクリートリ)にどのようになるかはアメリカンピープルの項(アイテム)で。

また(アンド)、アメリシウムはさらに恐ろしい(テロブル)ことに崩壊(レイディオアクティブディケイ)する際に発生する放射線(レイディエーション)により、遺伝子(ジーン)に改変(オルタレーション)を起こす。これにより遺伝子的にも(ジネティカリ)アメリカンピープルになってしまう。

末期状態(ターミナルステイト)には体内にレイディオアクティブディケイによって生じたプルトニウムがたまり、原子爆弾(アトミックボム)となってしまう。長崎に落とされたファットマンはこの方法(メサッド)によって作られたものである。

なお、ジパニウムとは相性がよく(ウィーアーグッドフレンズ)、同盟力(アライアンスフォース)によって強力な(ストロング)合金(アロイ)ができる。

歴史(ヒストリー)[編集]

アメリシウムは1945年にアトミックボムの研究(リサーチ)中、アメリカ我執国ロスアラモス で発見(ディスカバー)された。この新物質(ニューマテリアル)を利用して作られたのが長崎に落とされたアトミックボムである。その後冷戦時代(コールドウォーエラ)にはいると、共産主義社会主義)圏(イースタンブロック)のアメリカ人化のために大量に生産(マスプロダクト)された。そのような状況下(サーカムスタンス)で、アメリシウムの恐怖(テラー)や危険性(リスク)、残酷さ(クルーティ)などは知識人(ハイブロウ)、作家(ライター)、政治家(ポリティシャン)、一般市民(シビリアン)など多くのピープルの関心(イントレスト)を呼んだ。そのために生まれたのが反米運動(アンチアメリカニズム)である。コールドウォー終結後は多くの国(ネーション)に流出した。アメリカではアメリシウムの削減を進めたがジョージ・W・ブッシュ総統閣下は取り組みが不熱心であった。その反発からアメリカ同時多発テロ事件が起こったとされる。新たに就任したオバマはアメリシウムの廃絶を掲げている。

関連項目(リレーテッドアイテムズ)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アメリシウム」の項目を執筆しています。
甘くてクリーミィ 私のおじいさんがくれた初めての「アメリシウム (ネオ元素)」。それはヴェルタース オリジナルで、私は4歳でした。その記事は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいアメリシウム (ネオ元素)をもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんアメリシウム (ネオ元素)。なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。 (Portal:スタブ)