アルバニア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

「コソボはセルビア!」
  〜 アルバニア に対して、ミロシェビッチ大統領

「アルバニアとはどこなんだ。」
アルバニア について、ムッソリーニ統帥

アルバニア(英:Albania)(塞:Албанија)(伊:Albania)はバルカン半島に位置するイタリアの海外領土。

未だイタリアには復帰しておらず、国民の大半がムスリムであるため欧州からも孤立している。またセルビアの領土であるコソボにも進出し、実効支配している武装勢力である。そのくせイスラム協力機構と北大西洋条約機構を掛け持つ、ヒモ国家として有名である。ただ国内は経済破綻もあってか未だ混乱し、法の支配という概念すらなくなったことにより、アルバニアという国家が薄れつつあるとされているが、イタリアはアルバニアへの興味を示していない。暫定首都はティラナ

概要[編集]

 地中海性気候に属し、アドリア海においてイタリアと対面するアルバニアは、紀元前から前代までにかけてイタリアと深い関わりがある。ムッソリーニ時代の後にイタリアからは半ば脱しており、宗教もイスラム教であり、国自体も現地政府が実効支配してはいるが、アルバニア人はイタリア人と似ているとされ、実際にムスリムでありながらパスタを3食とも食すとされている。これほどイタリアの一部と言っても差し支えない国なわけだが、アルバニアはもはや独立国家として成立しかけており、ついにはイタリアが怠惰であるが故、自身の海外領土へEUやNATOへの加盟を認めている。また国内の半数以上と言われる国民が中央政府の管轄外となっており、その国民はミクロネーションに暮らしている。もはや自分の家のような感覚になっていて、ミクロネーション天国と形容される。ちなみにアルバニア最大のミクロネーションはコソボであり、プロミクロネーション民がセルビア国内に侵攻した上に、大多数の世界各国がコソボを承認するまでになった。

経済体制[編集]

 なんちゃって社会主義だったアルバニアでは、有るべき本来の経済体制として民間を発端としてネズミ講による経済が確立していた。そのネズミ講の会長らが国家首脳より遥かに権力を握っていたのだが、アルバニアがちょっかいを出していた紛争が終わったこともあり、アルバニアのネズミ講は崩壊し、国民の10分の7が全財産を失ってしまい、未だに続くミクロネーション天国状態の原因となった。かつてはミクロネーション通過が星の数ほど混在していたが、多数の連合が組まれたことにより、現在ミクロネーション通貨は200までに減らされている。

国際的な立場[編集]

イタリア[編集]

 まず盟主(であるはずの)イタリアとの関係だが、この二国間の関係という概念が消滅しつつある。まずその一因としてイタリアの経済ヒモ化がある。イタリアの経済が本格的にパスタ化したことにより、中国やドイツに頼るしかなくなってしまった。特に中国は深く依存させるために、徹底的に付き合う方針もあってかイタリアは貢ぎ人となり、アルバニアはイタリアの視界から見えなくなってしまったのである。

バルカン半島[編集]

 バルカン半島においてアルバニアは孤立している。まず未だ紛争状態のセルビアとはクロアチア以上に関係が悪化したままで、そのクロアチアは経済がしっかりしているので、経済がパスタのアルバニアとは離れていった。またアルバニアと同様に経済が彫刻化しているギリシャとは馬が合いそうなものだが、ギリシャは中国に徹底的に貢いでいるたちであり、アルバニアは視界にも寄せ付けないようである。最終的に同じ世俗的ムスリム国家であるトルコしかなくなってくるわけだが、セルビアと仲がいいこともあり、アルバニアに嫌がらせをするようになった。

関連項目[編集]

  • イタリアー本来アルバニアの盟主であるはずの国。
  • セルビアーアルバニアとは停戦状態にある。
  • コソボー世界一成功したミクロネーション。


この項目「アルバニア」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)