アワビ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アワビ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「アワビ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アワビ」の記事を執筆しています。

アワビ(漢:鮑 英:abalone)とは、日本全域及び朝鮮半島を含めた中国北部の浅い海域に生息する大型の巻き貝である。

概要[編集]

アワビと女性

アワビは巻き貝だが殻の形状は一見すると平たく、外側に向けて薄くなっていく特徴がある。殻の内側全体が光沢のある真珠層になっているため、古来より宝飾品に加工されてきた。また身肉も食用にされる。身肉の形状やその匂いからしばしば女性器に例えられるが、これも古来から行われている喩えである。日本では縄文時代から女神信仰があるが[1]、その根本になっているのはアワビの希少性[2]や有用性だという説が主流となっている[要出典]。つまり元々はアワビを女性器に見立てるのではなく、女性器の方をアワビに見立てていたのである。そこから「アワビと同じく女性は尊い」という思想が古代日本における女性の神格化[3]や女権体制の核となり、邪馬台国の卑弥呼を始め[4]女性権力者の権威増進に一役買っていたとされる。

その考えは古代日本から古代中国を通じてユーラシア大陸へと伝播しており、例えばイギリスアーサー王伝説では「最後に辿り着く理想郷」として「アバロン」というアワビの英語読みと同じ名前の島が出てくる。これは「騎士の行き着く場所は、最終的には愛する女性の下である。男の強さとは戦いに勝つことではなく、守るべき家族の為のもの」という教訓を示す為、女性(≒女性器)をアワビに例えたものとなっている。また中国では干しアワビが珍重されるが、これは中国において若い娘よりも経験豊富な熟女が尊ばれた事に由来している。

形状や俗説[編集]

アワビの身肉は正面から陰唇を割り拡げた女性器に似ており(ただし上記のように、古代では女性器の方がアワビに似ているとされていた)、岩壁にへばりつく為襞が発達しているのが特徴である。これは近縁種であるロコガイ(別名アワビモドキ)等にはない[5]特徴で、筋繊維が密集してることで色身が強くなりやすい。使い込んだ女性器の陰唇が黒ずんでいくという俗説も、最も水揚げ量が多いクロアワビの襞が黒く見えたからであるが、実際には性経験の嵩と陰唇の色は比例しないとWHOが公式にコメントしている。

またアワビの俗説として「海のアワビが山に入るとアケビになる」[6]というものもあるが、これは完熟し身肉が露出したアケビが女性器に見えた事からの見立てであり直接の関係はない。が、アケビを扱った都々逸に「山のアケビはなに見て開く、下の松茸見て開く」[7]というものがあることから、アワビにも松茸を組み合わせて調理する場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ 女体を象った土偶が多いのもその為である。
  2. ^ 岩壁にへばりつく形で生息する為、海女が海中で引き剥がして採取しなければ入手できない。
  3. ^ 出雲大社の御神体は「九穴アワビ」と呼ばれる大型のアワビであり、その大きさから子宝/多産のご利益があると信じられている。
  4. ^ 卑弥呼の死語男性の王が即位すると国は急速に荒れたとされており、大和朝廷が「万世一系の男系統治者」という概念を作り出すまでは「政治は女性の仕事」というのが常識だった。
  5. ^ ロコガイは襞があまり目立たず、色も白い。
  6. ^ 似たような俗説に「山の芋、川に入りてとなる」というものもある。これは両者が共に「精がつく食材」であることから。
  7. ^ それぞれを女性器と男性器に見立て、女性が男性器を見て発情する様を唄ったもの。

関連項目[編集]

みさくらなんこつ アワビいじられると …く…なるぅ… うぁぁ..
んあっ!! んあおっ!! もっ....とぉ、いっいじてぇっ!!
ばんじゃいっばんじゃい゙っぱゃんに゙ゃんじゃんじゃいぃぃっ!! (Portal:スタブ)