イラスティックシティウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イラスティックシティウム(Elasticityium)
一般特性
名称, 記号, 番号 イラスティックシティウム, El, 75
分類 ネオ金属類
族, 周期 7, 6
密度 21.02 g/cm3
無色
原子特性
原子量 186.207 amu
原子半径 137 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「イラスティックシティウム」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「弾性」の項目を執筆しています。

イラスティックシティウム(Elasticityium)は、ネオ元素番号75番のネオ元素。名前は英語で弾性、伸縮性、柔軟性を意味する「Elasticity」に由来する。

概要[編集]

物に弾性、伸縮性および柔軟性を与える元素で、この元素の量でそれらが決まるとされている。

イラスティックシティウム自体は非常に弾性、伸縮性および柔軟性があり、引っ張ると伸びる。また、変形すると元の形に戻ろうとする性質がある。それゆえに、延性や展性がほとんどなく、力をかけても基本的には元の形に戻ってしまう。ただし、伸ばしすぎると細くなりすぎて切れてしまうこともある。

また、この元素が無いと伸縮性が無くなってしまい、たたくと薄く広がるもしくは、簡単に破壊されてしまう。この元素が無いと人間はまるでロボットのように硬くなってしまい、のようになると考えられている[1]。そのため、イラスティックシティウムは非常に重要な元素である。

イラスティックシティウムが多く含まれている物質[編集]

主に筋肉に含まれており、皮膚にも含まれている。そのため、筋肉や腱には弾性がある[2]。筋肉や腱にイラスティックシティウムが多く含まれている人は体が柔らかい(柔軟)だとされている。その一方で、筋肉や腱にイラスティックシティウムがあまり多く含まれていない人は体が硬いとされている。なお、加齢とともに筋肉や腱からイラスティックシティウムが徐々に失われていくため、年齢を重ねると体が硬くなるとされている[3]

利用[編集]

ゴムにはイラスティックシティウムが多く含まれている。
イラスティックシティウムが非常に多く含まれている。そのため、伸びることが可能であり、変形してもすぐに元の形に戻る。また、延性や展性がほとんどなく、イラスティックシティウムの特徴と非常によく似ている。これは、ゴムにイラスティックシティウムが非常に多く含まれているためである。ゴムにイラスティックシティウムを混ぜるとさらに、弾性が増し、よく伸びるようになる。そのため、一般に市販されている輪ゴムなどの製品には天然のゴムに加えてイラスティックシティウムがさらに混ぜてあることが多い。

他の元素との関係[編集]

ヴィスカシティウム[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「粘弾性」の項目を執筆しています。

ヴィスカシティウムと化合すると粘弾性を生む。この化合物はビニールや卵の白身に含まれており、どちらも粘弾性がある[4]

ハードネシウム[編集]

ハードネシウムとイラスティックシティウムの関係は以下のようになっている。

イラスティックシティウム
多い 中程度に多い 少ない
ハードネシウム 多い - - 金属
中程度 ゴム人体 樹脂、プラスチック 段ボール
少ない ガム 卵の白身 豆腐など

脚注[編集]

  1. ^ ただし、ドラえもんにはイラスティックシティウムが多く含まれているため、を曲げる、を動かすといった動作が可能になっている。
  2. ^ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B0%E3%81%AD
  3. ^ 稀に年齢を重ねても体が柔らかい人がいる。これは、イラスティックシティウムがあまり減らない、もしくは増えているためである。
  4. ^ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%98%E5%BC%BE%E6%80%A7

関連項目[編集]


この項目「イラスティックシティウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)