インターネット電子レンジ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

インターネット電子レンジ(インターネットでんしレンジ)とは、冷凍食品に適した調理器具である。

構成部品[編集]

インターネット電子レンジは、以下の部品から構成される。

動作[編集]

  1. 冷凍食品を調理室に入れ、調理スイッチを押すことで、動作が開始される
  2. RF-ID通信部が、冷凍食品に埋め込まれているタグと通信を試みる
    • 同時にガスクロマトグラフィーのゼロ校正をおこなう
  3. 商品情報が取得できた場合には、マイコンが賞味期限をチェックし、さらにインターネット経由で国立衛生予防研究所のサーバから含有成分のホワイトリストを取得する
    • 賞味期限切れの場合は調理を中断する
    • 商品に問題が報告されている場合は、調理室をロックして、インターネット経由で保健所に通報する
  4. マグネトロンに通電して調理を開始し、加熱にともなって発生した気体をガスクロマトグラフィーで分析する
    • ホワイトリストに含まれない気体が検出されたときはインターネット経由で問い合わせをおこない、調理完了までの間に、研究員による安全確認をおこなう(危険が確認された場合は調理室がロックされ、保健所の職員が回収に来る)
    • ブラックリストに含まれる気体が検出されたときは、調理室をロックして、インターネット経由で保健所に通報する
  5. 調理が完了したら音を鳴らし、動作を終了する
  6. なお、定期的にインターネットに接続することで、内蔵時計を更新し、ブラックリストを最新のものに維持する

電子レンジとの違い[編集]

電子レンジのように加熱するだけでなく、安全性の確認をおこなう仕組みが用意されているため、特に外国産の冷凍食品への不安を軽減することができる。また、今までの電子レンジと操作方法が同じであるので、利用者の負担が少ない。

また、あらかじめにRF-IDを埋め込んでおくことで、誤って加熱する事故を防ぐことができる。

各界からのコメント[編集]

「電子レンジは非接触加熱という点で衛生的であり、消費者の信頼もあつい。今回、さらに衛生面を強化する製品が発売できたことを誇りに感じている。今後は普及に向けて、低価格化、高機能化をめざしていきたい。」
インターネット電子レンジ について、アンシャープ社長
「冷凍食品のほとんどが電子レンジで調理されるところに着目した製品で、誰でも簡単に使える点がすばらしい。社員からも好評で、先を争うように購入していると聞いている。」
インターネット電子レンジ について、日本たばこ産業社長
「冷凍食品は毎日欠かせないので、本当に助かる。今までと同じ使い方のままで、大きな安心が得られる。もうインターネット電子レンジなしでは生活できない。」
インターネット電子レンジ について、独身男性(35)
「せっかく買ったのに、一度も警報がならない。普通の電子レンジにしておけばよかった。」
インターネット電子レンジ について、大阪のおばちゃん
「どうかいつまでもジョークでありますように。」
インターネット電子レンジ について、アンサイクロペディア管理者

課題[編集]

関連項目[編集]