ウィンドウショッピング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ウィンドウショッピング」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

ウィンドウショッピング(うぃんどうしょっぴんぐ)とは、店のショーウィンドウや店内を見て回る行為である。

概要[編集]

この行為は行為者自身の体力が続く限り、金銭的代価なしでできる経済行為である。よってどんな貧乏人だろうがホームレスだろうが一応できることになっている。

ウィンドウショッピングの分類[編集]

ウィンドウショッピングには大きく分けて2種類の分類が可能である。狭義のウィンドウショッピングと広義のウィンドウショッピングである。いかにその詳細を記す。

狭義のウィンドウショッピング[編集]

狭義のウィンドウショッピングとは、ウィンドウショッピングの定義どおりに「店のショーウィンドや店内を見て回る」事のみを指す。この行為は店に商品が陳列されており、店側が入店の制限等を設けていなければ概ね可能である。このような点より狭義のウィンドウショッピングができる店として、デパート、衣料専門店、本屋コンビニドラックストア、婦人服売り場、アニメ専門店、模型専門店、などが挙げられる。またインターネットの普及によりamazonなどで商品の表紙などを閲覧するのも狭義のウィンドウショッピングとみなされ始めている傾向がある。

一方、制限があるが、狭義のウィンドウショッピングが可能な店の例に、AV専門店、大人の本の専門店、ゲーム専門店、ブルセラストアなどが挙げられる。

広義のウィンドウショッピング[編集]

広義のウィンドウショッピングとは店のショーウィンドや店内を見て回るだけではなく、その商品に触れたりするなど決して商品を購入しないが見るだけにとどまらない行動を指す。例として、前述の商品を手に取る行為、本屋コンビニなどでの勃ち読み、衣服の試着(のみ)、食品売り場での試食、画材店での試し書き(描き)、ドラッグストアでのお試しのテオドラントスプレーの乱用、AV専門店・大人の本の専門店・ゲーム専門店・ブルセラストアでのひとりあそびなどが挙げられる。これらはいくらやったとしてもウィンドウショッピングとみなされる。また、万引きも定義に合致することからウィンドウショッピングの一部とみなされることもある。

ウィンドウショッピングの今後[編集]

近年、ウィンドウショッピングがメタボ中年・NEETの運動対策・社会参画として注目を浴びている。特にNEETに対して外に出ると言うこと事態が社会参画への第一歩とする政府の考察よりウィンドウショッピングが奨励され始めている。しかしながら、前述のようにインターネットで十分にウィンドウショッピング的行動は可能であるため、その効果は薄いという意見もある。

一方、無料で「ショッピング」をしている点において経団連が「ウィンドウショッピングは消費者を無料で満足させる効果があり、企業は不当な損害をこうむっている」として政府に圧力をかけている。経団連から「ウィンドウショッピング規制に関するガイドライン」が政府に提出され、インターネットをも含めた過度のウィンドウショッピングの規制が行われるのも遠い未来ではないとする専門家からの考察もある。

例外〜代金の発生するウィンドウショッピング〜[編集]

ウィンドウショッピングにも代金が発生するものがある。それはその名のとおり「」を購入する行為だ。古来より人と窓のつながりは深いものであったが、近年(特に1995年以降)窓は人間社会(特に先進国と呼ばれる国々)には必要不可欠なものとなった。だが、現在窓の生産は、ある企業により独占されている。そのため、窓には多くの人々が盲腸でもないのに断腸の思いで購入しなければならないほどの値段がつけられている。しかしながら、窓は叩き割れないのが現状である。

関連項目[編集]


この項目「ウィンドウショッピング」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)