ウェブ2.0

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
警告

この項目で使われている用語、ウェブ2.0はCMP社が独占しています。してるったらしてるんです。CMP以外に利益は出させません。


Bouncypotato.gif
この記事「ウェブ2.0」は何故か「Web 2.0」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Web 2.0」の項目を執筆しています。

ウェブ2.0( - にてんぜろ)とは、進化してとても甘い蜜を含むようになったクモの巣である。生物学者のティム・オライリーによって発見された。

ウェブ2.0を張ることが出来るクモは数種いるとも、一種であるとも言われている。研究は未だに進んでおらず、和名どころか学名すら定められていない状況である。

特徴[編集]

その巣が含む蜜はあまりにも甘いので、いつもその周りにはハチが飛び回っていると言われる。また、非常に高価な値段で取引されるので、ハチの危険を顧みずに入手を試みるものが後を絶たないが、ハチや巣の主であるクモにやられることも多い。安全に入手する方法を確立するため、現在はティム・オライリーとその協力者によって独占的に養殖が試みられている。

また、量が集まれば集まるほど、複雑に絡み合えば絡み合うほどに蜜の味が良くなっていくとされる。しかし、量を集めようとしてもすぐにちりぢりになってしまうと言う特徴もあるため、なかなか難しいようである。

難点[編集]

クモの巣なので中身はスカスカであり、人間が利用するには大量に集めなければいけないという難点がある。前述した散りやすいという特徴とあわせて考えると、実用化にはかなりの難があると言わざるをえない。そのため、養殖の試みは実は利益を集めるためだけのまやかしではないか、とも言われている。

今後[編集]

クモの養殖が軌道に乗らなければ早晩枯渇してしまうと思われる。しかし、保護の動きは鈍く、乱獲されるに任されているのが現状である。早急な改善が望まれるところであるが、残念なことに狩人が多すぎる。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
ウェブ2.0の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)