ウエディングプランナー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウエディングプランナー」の項目を執筆しています。

ウエディングプランナーとは、男女をマッチングさせ結婚へと導く職業である。和製英語であり、基本的に日本国内にしか存在しない。

概要[編集]

一夫一妻や多夫多妻など様々な形態がある結婚だが、これは自然のままで勝手に成立するものではない。個人同士の関係だけで行うことが可能な子作りや育児と異なり、結婚には法的な拘束力が必要であるためどうしても周囲からの働きかけが必要となるのである。日本に於いては昭和初期まで「恋愛結婚はのするもの[1]」と言われ、家族や地域が段取りを整えて結婚させるのが普通だったが戦後の社会情勢変遷によりそれが難しくなってしまった。そこで結婚斡旋などを執り行う仕事が必要となり、ダラダラと付き合っているカップルを結びつける事を専門とする業種が生まれた。それこそがウエディングプランナーなのである。

職務[編集]

マリッジブルーに陥るのを防ぐには、別のことに集中させ悩む暇を無くすのが有効である。

戦後日本において結婚とは「両者の同意によってのみ成立する」と定められているため、まずは結婚情報誌などメディアを使った戦略で若者たちに結婚を意識させる所から始めなければならない。大手ウエディングプランナー企業の多くが出版業界と太いパイプを持っているのはその為である[要出典]。そして自分達や提携企業が経営する結婚式場へ「ブライダルフェア」などと言って足を運ばせ、壮麗な結婚式見学や無料ブライダルエステ体験[2]等を経験させ結婚意欲を高めていく。上手く話が進みにくいようならば担当するスタッフが相談に乗ったり、サプライズ演出の補助をしたりもしてとにかくプロポーズへと持っていくのである。

プロポーズが済めば後は結婚が確実になるので、予算に合わせた式場セッティングなど周辺業務を中心にしっかりと話を進めていく。この段階で片方が「マリッジブルー」と呼ばれる状態になることがあり、放置すると「何で結婚するんだろう」と正気に戻ってしまうので、迅速にケアする必要が出てくる。お互いを愛情と幸福で生涯束縛してもらう為に心から二人を祝福し、決して離婚しないようにガッチガチに固めるのがウエディングプランナーの御仕事なのである。

脚注[編集]

  1. ^ 平成の時代では、むしろ犬猫がお見合い結婚するようになったが。
  2. ^ あくまで結婚意欲を高めるもので、利益のためではない。

概要[編集]

この項目「ウエディングプランナー」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。