ウニアイス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ウニとイクラの相乗効果は素晴らしく、女性に人気がある。

ウニアイスとは、コンブを食してうま味成分であるグルタミン酸をたっぷり貯えたウニの卵巣を凍らせて作った冷菓のことである。

アイスに最適なウニ[編集]

通常アイスクリームにはグルタミン酸が添加されているが、ウニはコンブ由来のグルタミン酸を直接摂取し体内で神経伝達物質として利用しているため美味く、とろりとした食感もあいまってアイスクリームには最適な食材である。

イクラを乗せて醤油を垂らして食べるのがおつな食べ方である。わさびも捨て難い。市販されているウニアイスは卵巣のみを用いているが、スイーツ(笑)の間では精巣の方が味が濃厚で良いとされている。しかし、精巣と卵巣が混ざったものを摂取すると、を難なく通り抜け体内で受精して発生が進み64時間後にはプルテウス幼生となり排出されるため、排便時にお尻の穴がかゆくなる。

関連[編集]

外部リンク[編集]