ウミウシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウミウシ」の項目を執筆しています。

ウミウシ(海牛)とは、哺乳綱ウミウシ目に属する動物の総称である。2科2属4種が現生している。全てが海生である。

概要[編集]

大型のほ乳類で、小型の種類でも平均で体長2.5m、体重230kg-500kg。今は絶滅している最大のものでは体長11m、体重6t程度であった。草食性で、性格は温厚である。海生に特化した進化をしており、手足は完全にヒレ化している。また、肺がエラのように特化していて、一生のうちのほとんどをベントスとして過ごす。ただし幼生時は肺の特化が進んでおらず、通常の肺呼吸を行う必要があるため、出産育児を行う際には海面近くまで上がってくる。この時の姿が誤認されたものが人魚であると考えられている。現生種は全てあたたかい南洋産だが、かつてステラーウミウシと言う種が寒冷な環境に適応して生息していた。

肉や毛皮の利用価値が高く、乱獲されたことや、きれいな海にしか住めない(大変な偏食であり、ある特定の海藻しか食べないため。)ことなどもあり、現在目のレベルで絶滅の危機にある。

種類[編集]

前述の通り2科2属4種である。近年絶滅したステラーウミウシを合わせ、以下にまとめる

  • ダゴン科
    • ダゴン
    • ステラーウミウシ(※)
  • ウミウシ科
    • アメリカウミウシ(※※)
    • アマゾンウミウシ
    • アフリカウミウシ

※ ステラーウミウシ一種でステラーオオウミウシ科を構成するという説がある。

※※ アメリカウミウシの亜種としてフロリダウミウシを置く説がある。

利用[編集]

以前は食用として珍重されており、乱獲されるほどであった。昭和天皇も狭義のウミウシではないが、近い種類のものを食したことがあると言われている。特にステラーウミウシは美味であったという記述が残されているが、遭難した船の乗組員による記述なので、どこまで信用していいのかはわからない。現在は捕獲が禁止されている国が多いので、海で見かけたとしても捕獲することは勧められない。人魚と誤認されたその生態を見て楽しむ程度にしておくのがよいだろう。

ダイバーに人気のウミウシ[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「海牛目」の項目を執筆しています。

大型だが温厚な動物であり、様々な色彩をもつウミウシはダイバーにも人気があるが、ダイバーが勝手に安易な愛称をつけてしまうことが多く、学者を嘆かせている。ピカチュウインターネットなど、そういう勝手な呼び方をつけるのはやめてほしいそうである。そもそも海に住む牛に似た動物だからウミウシというのも安易な名付け方なのだが。動物に勝手な名前をつけるのは学者の楽しみなのだから、素人が邪魔をするなと言うことなのだろうか。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「ウミウシ」は何故か「うみうし」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。