エア新書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「エア新書」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

株式会社エア新書(かぶしきがいしゃ - しんしょ、Air Books, Inc.)とは、東京都新宿区に本社を持つ出版社である。いわゆる自費出版のみを扱っている。

概要[編集]

2008年(平成20年)4月1日創業。 本より面白いものが普及するにつれて出版不況の影響で、書籍が全く売れないと既存の出版社は悲鳴を上げている中で民明書房株式会社と並ぶ数少ない優良企業として評価されている。[1]

取り扱う出版物を自費出版のみに絞り、販売もウェブを通じての通信販売のみに絞ることで、経営効率を極限まで引き上げることに成功している。

特徴[編集]

出版においては、本はタイトルが9割という厳然たる事実があるが、エア新書はこの事実に目をつけ、残りの1割を敢えて切り捨てることで自費出版に掛かる執筆者側のコストを完全にカットすることに成功している。 つまり、出版申し込みページにて出版したいタイトルを入力するだけで、誰もが一円も払うことなく自費出版を行うことが可能となっているのである。[2]本文? 何それ、美味しいの?

売上げ状況[編集]

エア新書の出版物はオンライン販売限定となっているため、市中の書店での取り扱いは一切ない。 加えて、この手の新興勢力を排したがっている守旧派の陰謀もあり、ベストセラーチャートに登場することは全くといって良いほどない。

しかし、本はタイトルが9割という厳然たる事実を徹底的に追求した結果、幾つものタイトルが100万部以上のセールスを記録しており、一部の大手出版社の中には、エア新書で出版した書籍の筆者をスカウトする事も検討しているという。

脚注[編集]

  1. ^ 但し、民明書房株式会社の創業は1926年(大正15年または昭和元年)であり、歴史という点では対照的である。その他、事業内容も出版業以外の共通点が見出せないほど対照的である。
  2. ^ このアイディアのおかげで、エア新書には世界一薄い本を出す出版社としても知られるようになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この記事は未完成ですが、もうとっくに締め切りを過ぎています。従って誰が何を書こうとノーチェックで公開されます。このチャンスに、ぜひ秀逸な記事を目指してください。 (Portal:スタブ)